専用サーバーの特長

WebARENAの専用サーバーは、root権限付きの物理サーバーを提供するセルフマネージドの専用サーバーサービスです。

仮想サーバーと比較した場合の物理サーバーのメリットについては、仮想サーバーと物理サーバーの違いをご確認ください。

セキュリティを重視した安心のサービスラインナップ

物理サーバーと専用ネットワークによるセキュアな環境を標準提供しています。
また、DDoS対策(2017年Q1提供開始予定)、IDS/IPS、WAFなどの高度なネットワークセキュリティ対策(セキュリティ監視サービス)も用意。インターネットからの悪意ある攻撃を可視化、防御することで、お客さまの大切なWebサイトを、改ざんや情報漏えいといった被害から守ります。

セキュリティ監視サービスは、豊富なセキュリティ監視実績を持つSOC(Security Operation Center)事業者と提携して提供しています。セキュリティの専門家がお客さまシステムの現状を把握し、解釈を加えた形で通知を行うため、より具体的な状況把握・緊急性の判断などがしやすくなります。

■セキュリティサービスのラインナップ

セキュリティサービスのラインナップ

豊富なメニューと運用監視体制をワンストップ提供

専用サーバーとして一般的なファイアウォール、ロードバランサ、複数台構成などのメニューに加えて、豊富なメニューを用意しています。
次のようなご利用も月額サービスとして提供しており、お客さまでの資産調達や個別の保守契約などを結ぶ必要はありません。

  • サーバーのイメージバックアップ・ベアメタルリストア
  • Windows Server® Datacenter Editionによる仮想環境構築、VM単位での監視・作業代行
  • NTTPCのクラウドサービスとの相互接続によるハイブリッドクラウド構成
  • 事業所から専用サーバーへのVPN接続(イントラネットの業務サーバー)
豊富なメニュー

また、これらの豊富なメニューの運用監視・保守についてもNTTPCにてワンストップの体制で行います。セキュリティ監視、サービス間接続などの複数サービスをご利用の構成でも、24時間365日の有人の故障窓口にてサポートします。
ネットワークからIaaS、セキュリティまで、複数の事業を展開するNTTPCならではの強みです。

ワンストップの監視・保守
次の他社サービスについては、各事業者さまとの契約となり、サポートも事業者さまになります。
  • SSLサーバー証明書
  • データ移行支援サービス
  • シマンテッククラウド型WAF
Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Master’sONEは、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

実績ある信頼のデータセンター

専用サーバーサービスの基盤となるデータセンターは、首都圏の好アクセスな立地で運用しています。お客さまのビジネスの基盤として安心ご利用になれるよう、震度7クラスの地震に耐えうる免震設計の強固なファシリティと高度なセキュリティ対策、災害時・停電時の対策を備えています。

高信頼のデータセンターにて、ハウジング、レンタルサーバー、メールサーバー、VPS、専用サーバーなどのアウトソーシングサービスを提供してきました。多年にわたる運用実績と豊富なノウハウが強みです。

■データセンターの特長

セキュリティ対策

  • 甲静脈による生体認証
  • ICカードによるアンチパスバック

災害時・停電時の対策

  • 震度7クラスの地震に耐えうる免震設計
  • 無停電電源装置(UPS)および非常用発電機
  • 万が一に備えた燃料補給の優先契約
データセンター外観

データセンター外観

セキュリティゲート

セキュリティゲート

非常用発電機

非常用発電機

免震装置

免震装置