電子メール~制限事項

制限事項

1.SMTP利用制限

SMTP AuthenticationによるSMTP利用制限を行っています。SMTP利用制限を回避するとWebARENA メールホスティングのサーバーをSMTPサーバーとして利用しメールを送信することができます。

メールソフトにSMTP Authenticationを使用する設定を行ってください。認証に使用するアカウントとパスワードはサイト管理者/メールユーザーのアカウントとパスワードです。方式はAUTH-LOGIN・PLAIN・CRAM-MD5に対応しています。主なメールソフトのSMTP Authenticationの設定方法につきましてはオンラインマニュアル「電子メール 設定・使用方法」をご覧ください。

制限にかかった場合、サーバーは以下のエラーを返し配送を拒否します。

554 5.7.1 <送信先アドレス>: Relay access denied

2.メールサイズの制限

1通の容量が20MBを超えるメールは配送できません。

WebARENA メールホスティングをご利用のお客さまが20MB以上のメールを送信しようとした場合、送信時にクライアント側のメールソフトにエラーが返信されます。
WebARENA メールホスティングをご利用のお客さま宛てに20MB以上のメールが送られて来た場合、送信者宛てにサーバーからエラーメールが返送されます。この時WebARENA メールホスティングをご利用のお客さまにエラーは届きません。

メールサイズ制限の対象となった場合、クライアントのメールソフトやエラーメールには以下のエラーメッセージが表示されます。

552 5.3.4 Error: message file too big

なお、添付ファイルのエンコード方式によっては、添付ファイルのサイズが制限値以内の場合でもこのメールサイズの制限にかかる可能性がありますので、ご了承ください。

また、圧縮前のデータサイズが100MB以上の添付ファイルは、圧縮後のデータサイズが20MB以下であっても、送信できません。

3.メール配送制限

所定時間内に同一IPアドレスからのメールの送信数もしくは受信数が制限値を超えると、メール配送動作 (送信/受信)が一定時間の間できなくなる機能です。 メール配送が制限されるのは制限値を超えたIPアドレスからのみで、他のIPアドレスからの送受信や、他のドメインへの影響はありません。

メール配送制限にかかった場合、クライアントのメールソフトやエラーメールには以下のエラーメッセージが表示されます。

450 4.7.1 Error: too much mail from <送信元IPアドレス>

所定時間経過後、配送制限機能は自動的に解除されます。所定時間は配送制限機能が適用された時点から5分程度になります。

配送制限の具体値は非公開とさせていただきます。ご了承ください。

4.特定のIPからの接続制限

WebARENA メールホスティングのサーバーではサーバーを攻撃から保護するために、特定の送信元IPアドレスからの接続制限を行っております。
制限にかかった場合、クライアントのメールソフトやエラーメールには以下のエラーメッセージが表示されます。

554 Transaction Failed. We denied your access because we cannot trust your source IP address.

このエラーが出た場合、

  • お客さまから外部にメールを送信する場合
      メールソフトのSMTPのポート番号を25番から587番に変更し、再度送信を行ってください。
  • 外部からのメールを受け取る場合
      送信元のIPを記載の上、 テクニカルサポートにお問い合わせください。