テクニカルサポートポリシー

WebARENA VPSクラウドのテクニカル・サポートポリシーについてご案内いたします。

当社によるテクニカルサポートは、2016年12月31日をもって終了します。
なお、2016年12月31日以前の利用開始日の利用契約に対しては、別途当社が定める日まで、従前のとおり提供します。

サポートの範囲について

VPSクラウドでは、本サービスの仕様やコントロールパネルの操作方法などについてサポートいたします。 UNIXコマンドやソフトウェアの設定方法、お客さまがご利用の通信回線、端末などのお問い合わせにつきましてはサポートの対象外となります。ご了承ください。

ソフトウェアのアップデートについて

VPSクラウドの初期設定では、RPMパッケージのアップデートは毎日早朝に自動で行われます。CentOSから新しいパッケージが提供されると自動的にパッケージもアップデートされます。コントロールパネルから手動でRPMパッケージのアップデートを行うこともできます。
アップデートの対象となるのは、プレインストールされているRPMパッケージと、yumでインストールされたRPMパッケージに限ります。
ご自身でコンパイルされたRPMパッケージなど、自動でアップデートしたくない場合は、対象のパッケージを自動アップデートの対象から外す設定を行ってください。お客さま自身でインストールされたソフトについては、お客さま自身でバージョンの管理、アップデートを行ってください。

サポート窓口について

こちらをご参照ください。

工事、故障や障害時の対応について

当該サービスをご提供するためのサーバーや機器の工事、故障・障害の対応は弊社の責任において実施します。
工事・故障の際には、お客さまサービスへの影響が軽微な場合を除き、VPSクラウドのホームページの工事・障害情報に掲載し、故障連絡先メールアドレスに連絡いたします。