WebARENA Symphonyが選ばれる理由

老舗データセンターとして1997年からのノウハウへの信頼

データセンターの先駆けとして、1997年にハウジングサービスをスタートさせ、
日々の運用経験の中から、今に適した環境やサービスを提供してきたことが、
お客さまから選ばれる理由です。

NTTPCの大容量バックボーン

ネットワークサービスも提供しているNTTPCの大容量バックボーンとお客さまシステムを直結します。
NTTPCのIPバックボーンは、主要なIXやISPと高速接続し、ネットワーク回線の冗長化や 障害時の迂回ルートを確保し、 安心で快適なアクセス環境を実現。 お客さまシステムの快適なアクセスやコンテンツ配信環境を提供します。

運用実績を生かしたデータセンター設備

耐震強度を十分に考慮したビル設計、空調設備、無停電電源装置(UPS)や非常用発電機など、 災害・停電対策はもちろん、 入退室管理や監視カメラ、生体認証などによるセキュリティシステム、 ラックの拡張ニーズに十分応えられる電源供給や大規模サーバールームの完備など、 これまでの運用実績を生かし、データセンター設備を備えています。

都市型データセンター/遠隔DR

首都圏の好アクセスな立地にてデータセンターを運用しています。 都内オフィスのお客さまロケーションから移動を効率化した、 利便性・保守性に優れたデータセンターです。 災害時のBCP対策として、グループ・アライアンス各社の全国データセンターも遠隔DR(ディザスタリカバリ)として提供可能です。

大容量電力・高密度積載

  • サーバールーム床下

    床下

  • サーバールームフロア

    サーバールームフロア

コスト削減を考えたブレードサーバーの導入や大規模システムにも対応する、高密度積載が可能な耐震荷重が約500kgの19インチラックや大容量電力の提供をしています。 従来の19インチラックは、耐震荷重が約300kgで、重量、供給電力を考えると15~20台しかサーバーが積載できないため、 ラック内スペースを有効活用できない場合も見受けられました。耐震荷重が約500kgの19インチラックなら、25~30台のサーバーが積載可能となります。

サーバー重量および消費電力は当社調べ
お客さまのご要望により上記ラックを提供いたします。