WebARENA Symphonyの歩み

ビジネスの基盤として、進化し続けるデータセンター

1997年にハウジングサービスをスタートさせ、多くのコンテンツ配信事業さまのビジネスをサポートしてきたNTTPCのデータセンターが、 2013年春、バーチャルデータセンターとして新たなサービスをスタートさせました。 ハウジング・ホスティング・クラウド・ネットワークサービスがシームレスにつながり、お客さまの新たなビジネス基盤として進化します。

WebARENAのはじまり

インターネットが普及し始めた1997年、「WebARENA」は お客さまの 「情報公開のARENA(活動の舞台)」となるよう、 コンテンツの流通においてストレスを感じさせないネットワークの提供を目指し、 ハウジングサービスをスタートしました。

ストレスを感じさせないネットワークの実現

NTTPCは1986年からパソコン通信サービスを開始し、1995年にはNTTグループで初のISP事業となる インターネット接続サービス「InfoSphere」を立ち上げました。
各種IXとの接続の強化、さまざまなISPとの高速相互接続(ピアリング)を行い、どのプロバイダからもストレスフリーのインターネット接続環境を 実現できるよう設備を整えてきました。
その実績をもとに、インターネットプロトコル技術、L2プロトコル技術を利用しVPN、モバイルアクセスなど、企業向けネットワークサービスを構築し、 運用ノウハウを積み上げています、
インターネットからVPNまで、お客さまのビジネス環境の基盤となる快適なネットワーク接続環境を実現します。

時代のニーズへの対応 Green IT・高密度積載・BCP

ネットワーク接続の環境整備だけではなく、時代のニーズに合わせ、 運用のための設備の機能も高めてきました。
地球温暖化による外気の上昇には、水冷式の空調設備の採用、 GreenITニーズには、太陽光発電屋上緑化などの導入、
ブレードサーバー利用ニーズには、電力供給やスラブ、ラック荷重などの増強を考えた 高密度積載に対応した設備作りに 取り組み、進化し続けています。

  • >屋上緑化

    屋上緑化

  • 太陽光発電

    太陽光発電

『ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード』IDC部門2年連続受賞

現在は、多くのコンテンツ事業者さまや法人企業さまがご利用のデータセンターとなり、 第三者機関からの評価も得るデータセンターとなりました。
2009年、2010年、ASPIC(※)主催の『ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード』IDC部門で次の賞を受賞しました。

特定非営利活動法人 ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム
  • 2009年「バリュークリエーション賞」新しいデータセンターも価値を創出したとして受賞
  • 2010年「総合グランプリ」ハイスペックなデータセンターとして総合的に評価され受賞

進化するデータセンター

これまでのハウジングサービスだけではなく、データセンター内の構内接続(L2/L3)を利用して、 NTTPCのハウジング、ホスティング、クラウド、ネットワークサービス、お客さま拠点をシームレスにつなぐ バーチャルデータセンターサービスを2013年春よりスタートしました。

コンテンツ配信ビジネスの基盤としての利用にとどまらず、業務用サーバーのアウトソース業務系サービス事業者のプラットフォームなどさまざまなビジネスのハブとして 利用できるデータセンタへと進化します。

都市型DCとグループ・アライアンス各社の全国拠点

首都圏の好アクセスな立地にて運用しているNTTPCのデータセンターに加え、遠隔DR(ディザスタリカバリ)として提供しているグループ会社・アライアンス各社との提携データセンターのエリアを全国へと拡大しました。提携データセンターはNTTPCのデータセンターと同レベルの安定稼働はもちろん、それぞれ独自のサービスや機能によってお客さまのさまざまなニーズに対応することが可能です。

例えばBCP対策に!青森の寒冷地型エクストリームデータセンター
都市型DCとグループ・アライアンス各社の全国拠点
グループ会社・アライアンス各社のデータセンターは、空き状況によりご案内できないエリアがあります。

インターネットがあたりまえの時代となり、データセンターの機能での差別化が
難しくなった近年、「WebARENA Symphony」はお客さまのビジネスの進化をサポート
するパートナーとして、これからも時代に適した設備、サービスを提供し続けます。