WebARENA 秘密分散ストレージサービス

東日本大震災以降、企業のBCP対策への取り組みが、より意識付けられるようになりました。 しかし、多くの企業において何かしらのバックアップは行っているものの、大規模な震災を想定したバックアップは、 設計・構築・運用、そして特にコストの面からハードルが高く導入には至っていないのが現状です。 NTTPCでは、バックアップにあまりコストをかけられない企業さまから、高セキュリティなデータ保管を求める企業さままでご利用になれるサービスを提供します。

秘密分散ストレージとは

S*Plex3テクノロジーにより、お客さまのデータを全国7カ所のデータセンターへ「暗号化」「符号化」「断片化」して 分散保管する高セキュリティで耐災害性、耐障害性の高いサービスです。 万が一の場合でも、インターネットを通してデータリカバリが可能な低コストのバックアップサービスです。

本サービスは、スカパーJSAT株式会社が開発した特許技術「 S*Plex3テクノロジー」を採用しています。

データを暗号化・符号化・断片化

一部のデータを覗かれてもデータを「暗号化」「断片化」しているので、データの中身を解読されません。 さらに、復号化にはIDの認証キーが必要となるため、強固なセキュリティを実現します。 また、災害などでお客さまのシステムがダメージを受けた場合や、ネットワークを一部利用できなくなった場合も、 データを「暗号化」しているため、インターネット回線を通じてセキュアにデ ータの復号化が行えます。

データが30%消失しても復号化可能

データを

分散保管をしているため、データの30%が消失したとしても、元のデータへの復号化が可能な「耐災害性」「耐障害性」を実現します。 たとえば、大規模災害などで全国7カ所にあるデータセンターのうち、2カ所がアクセス不能となっても、データの復元ができます。

100GBからのミニマムスタート、容量拡張もスムーズ

お客さまのデータ容量に合わせて、100GBからのプランを提供します。 システム基盤であるS*Plex3では、自律協調機構を用いた仮想化技術を採用しているため、システムが自律的にストレージデバイスの追加を認識するので大容量への拡張も可能です。

■サービス提供イメージ

秘密分散ストレージ提供イメージ

■サービス仕様

項目 内容 備考
ネットワーク インターネットを経由での接続 専用線などインターネット以外による接続形態については、個別にご相談ください。
クライアント
動作環境
Windows®/Linux® クライアントソフトウェアのインストールが必要です。
OSからの認識 Windows® リムーバブルドライブとして認識
クライアントソフトウェアにより本サービス用ファイルシステムが追加
ドライブレターが付与されます。
Linux® マウント可能なデバイスとして認識
FUSEコマンドを用いて領域をマウント
-
クライアントID
管理
ID作成・変更・削除 コントロールパネル(Web)より実施 IDあたりの利用サイズ・利用状況もご確認できます。
コントロール
パネル要件
IE7.0以降・Flash10.0以降 -
本サービスはデータの完全性を保証するものではありません。予めご了承ください。
Windowsは米国MicrosoftCorporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
Linuxは、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

■利用シーン

利用事例1 長期に渡り減失することが許されない重要データのバックアップ

例)契約情報、設計図面、CADデータ、動画ファイルのアーカイブなど

サーバーにクライアントソフトをインストールし、ストレージゲートウェイとの通信を確立するとデータの保存が可能となり、データのバックアップとして利用できます。

利用事例1 長期に渡り減失することが許されない重要データのバックアップ

利用事例2 長期に渡り高度なセキュリティ管理を求められるデータの保管や共有

例)個人情報、医療情報(地域医療連携や在宅医療連携)、金融系契約情報、出版原稿、設計図面など

各クライアント端末にクライアントソフトをインストールし、ストレージゲートウェイとの通信を確立するとデータの保存が可能となり、データのバックアップとして利用できます。

利用事例2 長期に渡り高度なセキュリティ管理を求められるデータの保管や共有