サーバースペック拡張オプション

WebARENA 専用サーバーの有料オプションサービスのうち、サーバースペック拡張オプションについて紹介します。
各サービスの料金や最低利用期間などは、オプションサービス料金をご確認ください。
また、お申込みや各種設定方法は、サポートサイトの「各種変更手続き」をご確認ください。

内蔵ストレージ変更オプション

内蔵ストレージ拡張
内蔵ストレージ拡張

ご契約サーバーの標準搭載のストレージに追加や種別の変更をすることができます。データ保存領域の拡張や処理速度、信頼性の向上にご活用ください。

■サービス仕様

標準搭載の「SAS 300✕2個(RAID1)」に次の通り追加や変更が可能。

メニュー 搭載可能数 追加単位 最大数搭載時容量
SAS 300GB 標準2個にプラス6個まで 1個 2,100GB(2TB) *1
SAS 900GB 標準搭載分と差し替えて最大8個まで 2個 6,300GB(6.1TB) *1
*1
 サーバー1台にディスクを2個搭載する場合はRAID1となり、3個以上の場合RAID5となります。
CentOS6およびRHEL v.6については(OSの仕様上)、容量が2TBを超過する場合にはパーティションカスタマイズの申込が必要になります。
運用開始後にディスクを変更させる場合、OSの初期化を伴います。

パーティションカスタマイズ
パーティションカスタマイズ パーティションカスタマイズ

パーティションとは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割することです。 ご契約サーバー(内蔵ストレージ)のパーティションをお客さまの指定する内容に設定変更します。

OSの仕様上、ディスクおよびパーティションの容量は、設定した値と実容量に多少の誤差が生じます。
CentOS+Pleskは対象外です。
運用開始後にパーティションを変更される場合、OSの初期化を伴います。

■サービス仕様

【CentOS、Red Hat Enterprise Linuxの場合】

標準設定の 「/boot:256GB、Swap:8192MB、/:残り全ての容量」を次の通り変更可能。

設定可能範囲 設定単位 設定数
/、/boot以外 1MB 6個まで
/、/bootは必須となります。
CentOS6およびRHEL v.6については(OSの仕様上)、[/(ルート)] と [/boot] の合計容量が、2TBを超えないよう設定する必要があります。

【Windows Server® 2008、Windows Server® 2008 R2、Windows Server® 2012の場合】

標準設定の 「Cドライブ:全ての容量」を次の通り変更可能。

設定可能範囲 設定単位 設定数
F~Uドライブ 1GB Cドライブを含め8個まで
ブートパーティションはCドライブ固定となります。
各ドライブに割り当て可能な容量の範囲は次の通りです。
サーバーモデル  Cドライブ  その他ドライブ(F~U) 
最少容量 最大容量 最少容量 最大容量
ベーシックモデル  60GB*1  制限なし  1GB  制限なし 
プレミアムモデル  100GB*1  制限なし  1GB  制限なし 
*1
メモリ変更・増設オプションをお申し込みの場合は、次の式で求められるCドライブ最少容量を下回らないようご指定ください。
Cドライブ最少容量 = 40GB + 搭載メモリ容量合計 × 3
Linuxは、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
記載されている会社名、製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

メモリ変更・増設オプション

メモリ変更・増設
メモリ変更・増設 メモリ変更・増設

標準搭載のメモリを変更・増設することができます。

■サービス仕様

ベーシックモデルは、標準搭載の4GB(4GB✕1個)(UDIMM)を次のいずれかに変更可能。

メニュー 備考
8GB(4GB✕2)(UDIMM) メニューの複数搭載はできません。
16GB(4GB✕4)(UDIMM)

プレミアムモデルは、標準搭載の16GB(8GB✕2個)(RDIMM)から次の通り増設可能。

タイプ 増設可能数 追加単位 最大搭載時容量
P62,P82 標準8GB2個にプラス10個まで 8GB×1個 96GB(8GB✕12個)
P82(2CPU) 標準8GB2個にプラス22個まで 8GB×1個 192GB(8GB✕24個)
ベーシックモデル・プレミアムモデルともに運用開始後に変更・増設する場合、サーバーの停止を伴います。
Windows Serverは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

パワーサプライ変更オプション

パワーサプライ拡張
パワーサプライ拡張

パワーサプライを1個追加し、冗長化することができます。

■サービス仕様

標準搭載の1個(1ノード毎)に次の通り追加可能。

モデル・タイプ パワーサプライ 追加可能数
プレミアムモデル P62,P82タイプ 450W 1個
プレミアムモデル P82(2CPU)タイプ 800W 1個
運用開始後に追加された場合、サーバーの停止を伴います。

OS変更オプション

OS変更
OS変更 OS変更

標準搭載OS(CentOS6(64bit) )を、次のオプションに変更することができます。標準搭載OSを変更することができます。

各OSのセキュリティ対応については、「サーバー運用・管理について」をご確認ください。
提供OS エディション・
バージョン等
説明
CentOS CentOS 7(64bit) CentOSは、フリーのLinuxディストリビューションの1つです。
企業向けLinux®である、Red Hat® Enterprise Linux®(RHEL)をベースに開発されたRHELと互換性のある無償のOSです。 
Red Hat® Enterprise Linux® v.6(64bit)
v.7(64bit)
企業サーバー向けの OS として高い評価と実績を持つOSです。
より高水準なサーバー環境の構築を求める場合にご検討ください。
Windows Server® 2012 Standard Edition (64bit)
2012 R2 Standard Edition (64bit)
2012 R2 DataCenter Edition (64bit)
PCで幅広く操作されているWindows®のOSを用いた操作で、サーバーの管理/運用が行えます。IIS6/7、ASP.NET、SilverLightといったMicrosoft®社の提供する豊富なWindows用アプリケーションを利用することができます。
Standard Edition、DataCenter Editionの2つの提供形態を用意していますので、用途に合わせてお選びください。
詳細はこちら
Microsoft® SQL Server® 2014 Standard Edition
2014 Enterprise Edition
Windows®ベースのリレーショナル データベース マネジメントシステム(RDBMS)です。
信頼性の高いデータベースに加え、データ分析機能、データ統合機能などもご利用になることが可能です。
CentOS6+Plesk Plesk12 Web Pro Edition
Plesk12 Web Host Edition 
標準搭載のCentOS6に、サーバーコントロールパネルPleskを搭載して提供します。Pleskはグラフィカルなコントロールパネルによりサーバー管理が行えるツールです。
サーバー管理ツールとして世界中で広く利用されており、メール、WebサーバーをLinux®コマンドの知識を必要とせず簡単に構築、管理することができます。
詳細はこちら
Linuxは、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
Windows ServerまたはSQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
記載されている会社名、製品名は各社の商号、商標または登録商標です。
運用開始後にOSを変更される場合、サーバーの停止とOSの初期化を伴います。
WebARENA 専用サーバーでは、Windows Server® Datacenter Editionご契約の場合を除き、仮想化ゲスト環境のサポートは対象外となります。

■Windows Serverの提供形態について

シンプルなホストOSとしての提供と(提供形態1)、仮想化環境を弊社にてセットアップした状態での提供(提供形態2)がございます。

【提供形態1】Standard Edition

  • ホストOSとして、お申し込みのOSバージョンをご利用になれます。
  • NTTPCでのHyper-Vのセットアップは行っておりません。
  • SQL Serverに関しては、ホストOSのみでの利用となります。
提供形態1

【提供形態2】Datacenter Edition

  • NTTPCにてHyper-Vのセットアップと、ホストサーバーへ仮想OSイメージファイルを設置して提供します。
  • 構築可能な仮想マシン台数の上限等は設けていませんが、ホストサーバーのリソースに依存します。
  • 仮想マシンおよび仮想ネットワークの構築はお客さまの作業となります。
提供形態2
ホストOS 提供する仮想OSイメージファイル
Windows Server®
2012 R2 DataCenter Edition
・CentOS6
・Windows Server® 2012 R2 StandardEdition
Windows Server® 2012 R2 DataCenter Edition
+Microsoft® SQL Server 2012 Enterprise Edition
・CentOS6
・Windows Server® 2012 R2 StandardEdition
・Windows Server® 2012 R2 StandardEdition
+ Microsoft® SQL Server® 2012 Enterprise Edition
仮想OSイメージファイルの設置先サーバーは、1台を指定できます。
SQL Server Datacenter Editionをご利用の場合、対象を仮想マシンのみに適用とすることも可能です(ホストOSにSQL Server Datacenter Editionをインストールしない構成も可能です)。
Microsoft、Windows、Windows Server、およびSQL Server は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
CentOS+Plesk

標準搭載のCentOSに、サーバーコントロールパネルPleskを搭載して提供します。

Plesk各バージョンの機能比較については、こちらをご覧ください
プラン名 Plesk 12 Web Pro Edition Plesk 12 Web Host Edition
利用可能ドメイン数 30 無制限
お勧めするお客さま・ご利用例 ・Webデザイナー
・デジタルエージェント
・Webホスティング事業者
・顧客に「セルフ管理」権限を渡したサービス運用
サービスプロバイダー管理 リセラー管理 ×
契約管理
顧客管理
ユーザー機能 WordPress Toolkit
Developer Pack
Plesk Mobile Manager
セキュリティ機能 Security Core
Outbound AntiSpam
サーバー開通時のPleskのバージョンからのバージョンアップに関しましては、弊社動作保証外となっております。
ベンダーにてサポート終了したバージョンについてはサポート対象外となります。サポート終了バージョンから最新バージョンへのバージョンアップについて、移行手順をご案内しております。詳細は技術サポートまでお問い合わせください。