QMTHプログラム認定について

QMTHとは、Windows 10をクライアントOSとする、マルチテナント環境での仮想デスクトップサービスの提供が可能な事業者であることを認めるものです。

このQMTH認定により、NTTPCが提供するマルチテナント型クラウド基盤にて、クライアントOSとしてWindows 10の使用が可能となります。そのため、既存のデスクトップ環境を仮想デスクトップ環境(VDI)に移行することが容易になり、デスクトップでご利用中のソフトやライセンスをそのままVDI上で利用することが可能です。

本認定により、WebARENAのVPSサービス(SuitePRO V4/新Pro4)では、お客さまがご契約のOffice 365(E3/E5)をそのまま利用できるようになりました。

ご利用可能となるライセンス

■Office365とWindows 10(仮想デスクトップ)の両方を含むライセンス製品
Microsoft 365 E3・Microsoft 365 E5
■Office365のライセンス製品
Microsoft 365 Apps for enterprise (旧:Office 365 ProPlus)
Office 365 E3
Office 365 E5
■Windows 10(仮想デスクトップ)のライセンス製品
Windows 10 Enterprise E3
Windows 10 Enterprise E5

いずれも、VDI対応かつユーザー単位のライセンスであることが条件です。

Microsoft、Windows、およびOffice 365は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。