専用サーバーサービス終了に伴う
SuitePRO V4への移行パッケージのご案内

WebARENA 専用サーバーは2021年9月30日をもちましてサービスを終了いたします。

サービス終了にあたり、VPSサービスのWebARENA SuitePRO V4を移行先サービスとして提案いたします。

現在WebARENA 専用サーバー(以下、「専用サーバー」という)をご契約でWebARENA SuitePRO V4 (以下、「 SuitePRO V4 」という)へ移行する方を対象に移行パッケージを用意しました。

  • 専用サーバーからSuitePRO V4へ移行するお客さま向けの特別な料金プラン(「移行料金プラン」)
  • 専用サーバーからSuitePRO V4へのサーバー移行を支援する「データ移行支援サービス」

「移行料金プラン」のみでもお申し込みが可能です。

専用サーバーとSuitePRO V4のサービスの違いについては「サービス比較表」をご確認ください。

【移行料金プラン】

専用サーバーからSuitePRO V4へ移行するお客さま向けの特別な料金プランです。

■プラン内容

専用サーバーからSuitePRO V4へ移行する場合の

  • SuitePRO V4の基本料金の初期料金無料
  • SuitePRO V4の基本料金の月額料金最大2ヵ月分※1無料

※1SuitePRO V4開通日の属する月の利用分(日割り)および、翌月1ヵ月分

オプションサービスの初期料金および月額料金は本プラン対象外です

無料期間中にサーバータイプを変更(スペックアップ)した場合の月額料金の増分については本プラン対象外です

■お申し込み方法

本プラン専用のお申し込み方法、「SuitePRO V4への移行方法」の通りお申し込みください

上記申込方法以外でのお申し込みの場合、本プランは適用されませんのでご注意ください

本プランは、専用サーバーのご契約1台につきSuitePRO V4サーバー1台が対象です

本プランにおけるSuitePRO V4の最低利用期間は、基本料金のご利用料金発生月から3ヵ月間です

■お申し込み受付期間

2020年3月18日~2021年7月31日(必着)

【データ移行支援サービス】

データ移行支援サービスとは、「株式会社北斗システムジャパン」の提供する、お客さまがご利用のサーバーからWebARENAのホスティングサービスへのデータ移行を代行するサービスです。

詳細や申込みについてはデータ移行支援サービスのサービスサイトをご確認ください。

  • 本移行サービスのご利用には「株式会社北斗システムジャパン」への申し込みが必要です。
  • 多数のお申し込みが重なると、データ移行支援サービスを提供できない場合がございます。移行料金プランお申し込み受付の終了間際には、駆け込みでのお申し込みが予想されますので、スケジュールに余裕を持ってご相談ください。

【移行スケジュール例】

基本料金が対象です。オプションサービスをお申し込みの場合、オプションサービス料金が別途かかります。

SuitePRO V4は専用サーバーとは異なり先払いのサービスです(専用サーバーは後払い)

SuitePRO V4への移行方法

Step1.[お客さま] SuitePRO V4の新規申込および専用サーバーの移行解約申込

SuitePRO V4のお支払い方法により、お手続き方法が異なります。

■SuitePRO V4にて請求書・口座振替支払いコースをお選びの場合

SuitePRO V4の申込書のPDFと、専用サーバーの移行解約申込書のPDFを一緒に、専用サーバーサービス窓口までメールでご提出ください。

必ず2つの申込書をセットでご提出ください。一緒に添付されていない場合、移行料金プランが適用されません(通常の請求となります)のでご注意ください。

専用サーバーの解約について
SuitePRO V4へ移行しない場合は、通常の専用サーバーサービス解約申込書をにてお手続きください。

■SuitePRO V4にてクレジットカード支払いコースをお選びの場合

SuitePRO V4の申込後に払い出される「顧客番号」を専用サーバーの移行解約申込書に記載し、専用サーバーの移行解約申込書PDFを専用サーバーサービス窓口までメールでご提出ください。

必ずSuitePRO V4のお客さま番号を記載ください。記載がない場合、移行料金プランが適用されません(通常の請求となります)のでご注意ください。

お客さまのご郵送のタイミングや、ご利用のカード会社さまの引き落としの時期により、NTTPCにてSuitePRO V4の料金修正(移行料金プランの適用)を行う前に請求金額が確定し決済される場合がございます。その場合は、次回の請求時(※1)に料金修正を行い、移行料金プランを適用いたします。

1:月末から7営業日までにNTTPCにて受領した場合に、次回の請求時に移行料金プランを適用します。月末から7営業日以降に受領した分につきましては、その翌月の請求時に移行料金プランを適用します。

専用サーバーの解約について
SuitePRO V4へ移行しない場合は、専用サーバーサービス解約申込書をにてお手続きください。

Step2.[お客さま] SuitePRO V4にてサーバー構築

OS、アプリケーションを含む各種サーバー設定を行ってください。

WebARENA間のサーバー乗り換え・データ移行を代行する「データ移行支援サービス」もございます。既存サーバー調査から、サーバー初期設定、データ移行、運用支援サービスなどのメニューを取り揃えておりますのでご活用ください。

Step3.[お客さま] 専用サーバーからデータ移行

Webやメール等、ご利用のデータをSuitePRO V4へ移行してください。

Step4.[お客さま] サーバー切り替え

ネームサーバーの利用状況・ご利用のドメイン管理会社によって、ご案内が異なります。次のパターンのいずれに該当するかをご確認の上、ご対応ください。

■パターン(A) 専用サーバーのオプションとしてDNSアウトソーシングを利用中の場合

  • オプション契約をSuitePRO V4に引き継ぐことで、 SuitePRO V4にてDNSアウトソーシングサービスを継続してご利用になれます。

*本手続きでDNSアウトソーシングをご利用になる場合も、SuitePRO V4におけるDNSアウトソーシング初期料金が発生します。

*SuitePRO V4におけるDNSアウトソーシング月額料金の請求開始に合わせて専用サーバーにおけるDNSアウトソーシングの月額料金の請求を終了するため、月額料金の重複請求は発生いたしません。

*ゾーン情報をそのままお使いいただけるよう引き継ぎます。レコード情報の変更は管理画面よりお客さまにて実施いただきます。

*オプション料金は『移行料金プラン』の対象外となります。
なお、SuitePRO V4のDNSアウトソーシングの費用は、利用開始月の月額料金は無料となり、利用開始月翌月の初回請求時は翌月の月額料金・初期料金を合算して請求します。

  • 現在DNSアウトソーシングに登録されているメールアドレスを、管理画面にログインし今一度ご確認ください。ご担当者が変わられたなどで登録情報が古い場合は、正しい情報にご変更ください(NTTPCから新しい管理画面の情報をメールで送ります。メールアドレス情報が古いとお客さまに届かない可能性がございます)。
  • サーバー切り替え時は、DNSアウトソーシングの管理画面(※)より、対象ドメインのゾーン情報を変更してください。

SuitePRO V4開通時に、専用サーバーのDNSアウトソーシングからSuitePRO V4のDNSアウトソーシングへの引き継ぎをNTTPCにて行います。管理画面のURLおよび管理画面へのログイン情報が変更となりますが、ゾーン情報は変更なくご利用になれます。新しい管理画面のURLおよびログイン情報は、NTTPCの引き継ぎ作業完了後にメールにて案内いたします。

■パターン(B) 専用サーバー上にDNSサーバーを構築されている場合

  • 専用サーバー解約に伴い、DNSサーバーの移行も必要になります。次からお選びのうえ、ご用意ください。
    1. お客さまで既にお持ちのDNSサーバーへ移行する
    2. SuitePRO V4のオプション「DNSアウトソーシング」を申込み、移行する
    3. SuitePRO V4上でDNSサーバーを新規構築する
  • DNSサーバーの移行について、「DNSサーバーのホスト名とIPアドレスが変更され、WebサーバーやメールサーバーのIPアドレスのみが変更される場合」のポイントが、JPRSにてまとめられております。JPRSトピックス&コラム「DNSサーバーの引っ越し~トラブル発生を未然に防ぐ手順とポイント~」をご参照ください。
  • DNSサーバーの移行に伴い、ドメイン管理サービス上でのネームサーバー切り替えが必要です。ドメインをNTTPCのサービス「名づけてねっと」で管理されている場合は、名づけてねっとにおけるネームサーバー変更をご確認ください。(ドメインを他社で管理されている場合は、ご利用のドメイン管理サービスにて実施方法をご確認ください。)
  • 現在セカンダリDNSサービスをご利用中で、移行にあたりSuitePRO V4にプライマリDNSサーバーを構築する場合は、同等のサービスをSuitePRO V4でもご利用になれます(登録が必要です)。

*セカンダリDNSサービスとは、専用サーバーでお客さまの独自ドメイン名のプライマリDNSサーバーを専用サーバー上で構築される場合、NTTPCのDNSサーバーをセカンダリDNSとして提供するサービスです(お申し込みされているお客さまが対象)。

*専用サーバー用のセカンダリDNSサーバー(ns2.sphere.ad.jp)とSuitePRO V4のセカンダリDNSサーバー(ns4.sphere.ad.jp)は別のサーバーになりますので、SuitePRO V4で本サービスをご利用になる際は必ず登録を実施してください。ご登録方法はこちらをご確認ください。

*SuitePRO V4のオプション「DNSアウトソーシング」を申込み、移行する場合、オプション料金は『移行料金プラン』の対象外となります。
なお、SuitePRO V4のDNSアウトソーシングの費用は、利用開始月の月額料金は無料となり、利用開始月翌月の初回請求時は翌月の月額料金・初期料金を合算して請求します。

■パターン(C) (A)(B)以外
(お客さま所有のDNSサーバー、またはInfoSphere/名づけてねっとのDNSアウトソーシングを利用中の場合)

  • サーバー切り替え時は、お客さまDNSサーバーにおいて対象ドメインのゾーン情報を変更してください。
【パターン(B) 専用サーバー上にDNSサーバーを構築されている場合 補足】
名づけてねっとにおけるネームサーバー変更

DNSサーバーの移行に伴い、ドメイン管理サービス上でのネームサーバー切り替えが必要です。
ドメインをNTTPCのサービス「名づけてねっと」で管理されている場合のネームサーバーの変更手順をご案内いたします(ドメインを他社で管理されている場合、手続き方法はご利用のドメイン管理事業者様にご確認ください。)

次の(ア)~(ウ)の3つのうちいずれかを実施してください。

(ア)お客さまで既にお持ちのDNSサーバーに移行する場合
お客さまDNSサーバーにて、ゾーン情報を設定してください。
サーバー切り替え時は、ドメインコンパネ(※1)よりネームサーバーの切り替えを実施してください。(※2)

(イ)SuitePRO V4のオプション「DNSアウトソーシング」を申し込み、移行する

DNSアウトソーシングの申し込みは、SuitePRO V4の契約内容変更サービスから実施してください。

DNSアウトソーシングでのゾーン情報編集は、の管理画面(※3)より実施してください。
サーバー切り替え時は、ドメインコンパネ(※1)よりネームサーバーの切り替えを実施ください。(※2)

(ウ)SuitePRO V4上でDNSサーバーを新規構築する場合
SuitePRO V4上にてDNSサーバーを構築し、ゾーン情報を設定してください。
ドメインコンパネ(※1)より「ホスト登録」を実施してください。
サーバー切り替え時は、ドメインコンパネ(※1)よりネームサーバーの切り替えを実施してください。(※2)

1:名づけてねっとの管理画面の呼称です。SuitePRO V4の「契約者コントロールパネル」よりログイン後、対象ドメインの左「詳細」ボタンより進み、「ドメインコンパネ」へログインしてください。ネームサーバーの変更については、メニュー「DNS」を選択してください。

2:ネームサーバーのご変更から反映完了までには、数時間から72時間ほどを要する場合がございますのでご留意ください。

3:SuitePRO V4 のDNSアウトソーシングの管理画面のURLやログイン情報は、開通時にお客さまへ案内いたします。

Step5.[NTTPC] 専用サーバーの解約

専用サーバーは月末解約となります。
Step1.にて、お客さまが移行解約申込書に記載された解約日にて、専用サーバーを解約いたします。

現在DNSアウトソーシングを利用中で、SuitePRO V4に引き継いでご利用になる場合は、必ず専用サーバー解約のお申し込み時に「DNSアウトソーシング継続利用を希望」の欄にチェックを入れてお送りください。 (こちらにチェックが無い場合、専用サーバーの廃止後約1ヵ月以内にゾーン情報が削除され、ご利用になれなくなりますのでご注意ください)

お支払い方法

現在の専用サーバーの請求とは別に、SuitePRO V4の請求を致します。
SuitePRO V4の料金は、サービスサイトのSuitePRO V4の料金をご確認ください。

  • SuitePRO V4の料金のお支払い方法は、「クレジットカード支払いコース」、「請求書・口座振替支払いコース」からお選びになれます。詳しくは、「お支払い方法」をご確認ください。
  • 請求日、初回の請求対象料金および料金計算日などは「お支払いサイクル」をご確認ください。
  • 請求書・口座振替でのお支払いの場合、記載の月額料金に別途、手数料800円(税込880円)が1請求毎にかかります。
  • 利用開始月翌月の初回請求は初期料金、利用開始月の利用料金(月額料金の日割り計算)、翌月の月額料金を合算して請求します。
  • 最低利用期間内に解約された場合でも、残存期間分の料金はお支払い対象となります。
  • 料金の締め日および解約日は月末日となります。

詳細はSuitePRO V4のサービスサイトにてご確認ください

サービス比較表

■WebARENA 専用サーバーとSuitePRO V4の主な違い

WebARENA 専用サーバーとSuitePRO V4は、インターネット経由で運用管理する、root権限付のレンタルサーバーサービス(ホスティング)です。
専用サーバーサービスは物理専用サーバーサービス、SuitePRO V4は仮想専用サーバー(VPS)サービスです。サービスそのものが異なりますので、提供内容・仕様につきましてもそれぞれ違いがございます。移行のご検討にあたり、必ずご確認くださいますようお願いいたします。

専用サーバー SuitePRO V4
サーバーの提供方式 物理専用にて提供
1契約につき1台~複数台のサーバー提供
KVM(完全仮想化方式)による仮想専用環境にて提供
1契約につき1仮想サーバーを提供
ネットワーク設計 ・契約者個別にセグメントを分け、専用ネットワークにて提供
・グローバルネットワーク(IPアドレス帯)の名義を契約者名義にて提供
・契約者個別にセグメントを分けずに提供
・グローバルネットワーク(IPアドレス帯)の名義はNTTPC
IPアドレス ①グローバルIPv4アドレス:
お客さま専用セグメントで提供
(標準/30、オプションで/29、/28から選択可能)

②お客さま専用プライベートセグメント:
1)お客さま専用セグメントで標準提供(/28固定)
 *リモートアクセスVPNや、サーバー間通信等でご利用になれます。
詳細はこちらをご確認ください。
2)バーチャルデータセンタ(vDC)オプションをお申し込みの場合、お客さま指定のプライベートIPアドレスを設定可能。
①グローバルIPv4アドレス:
1個(固定)

②お客さま専用プライベートセグメント:
標準での提供なし。
VPN接続オプションをお申し込みになった場合、お客さま指定のプライベートIPアドレスを設定可能 。
 *Masters’one 1契約(1つのone番号)に対して、仮想サーバーのリージョンごとに/24のセグメントを1つ指定可能
グローバルの接続 共用インターネット回線提供あり。
グローバルIPへの接続
共用インターネット回線提供あり。
グローバルIPへの接続
プライベート接続 ①NTTPCのVPNサービス「Master’sONE IP-VPN」との閉域接続:
オプションあり(バーチャルデータセンタ(vDC)接続)
 *別途Master’sONE IP-VPNのご契約が必要

②ハウジングラックとの接続:
オプションあり(バーチャルデータセンタ(vDC)接続)
 *カスタムクラウド(エンタープライズ向けクラウドサービス)とも接続可能

③ SSL-VPN:
オプションあり(リモートアクセスVPN)
 *SSL-VPN機器を介して、通信元クライアントとサーバー間のセキュアな通信を提供します
①NTTPCのVPNサービス「Master’sONE IP-VPN」との閉域接続:
オプションあり(VPN接続オプション)
 *別途Master’sONE IP-VPNのご契約が必要
 *Masters’one 1契約(1つのone番号)に対して、仮想サーバーのリージョンごとに/24のセグメントを1つ指定可能

②ハウジングラックとの接続:
なし

③ SSL-VPN :
なし
サーバースペック 詳細は「サーバースペック比較表」を参照
スペックやOSの変更方式 ・CPU変更不可、メモリ変更可、HDD変更可(プレミアムモデルのみ)、OS変更可
・契約者からの申請書に基づき、お申し込み後にお客さまとNTTPCにて工事日程を調整後、NTTPCにて実施
・メモリ変更時にサーバーの停止を伴う
・HDD変更時、OS変更時にサーバーの初期化を伴う
・CPU/メモリ変更可、HDD変更可、OS変更可
・お客さまにてWeb上からオンラインで変更可能
・スペックを上げる場合は、お申し込み後にVPSの停止と起動が必要
・スペックを下げる場合は、事前にVPSを停止させた上でお申し込みが必要
・OS変更は、事前にVPSを停止させた上で実施。VPSの初期化を伴う
対応OS 詳細は「サーバースペック比較表」を参照
パッケージアップデート パッケージアップデートは「自動実行」が初期設定
Windows® Updateは「通知のみ」が初期設定
(開通後、お客さまにてアップデート設定を変更可能)
パッケージアップデートおよびWindows® Updateは「自動実行」が初期設定
(開通後、お客さまにてアップデート設定を変更可能)
バックアップ機能 バックアップストレージ(オプション)あり
*保存領域の提供
*お客さま専用ストレージにて提供
*バックアップ運用はお客さまにて実施
基本プランにて「バックアップあり」「バックアップなし」のいずれかを選択
バックアップありの場合:
*サーバーとは別の共用ストレージに保存
*ディスクのイメージバックアップを最大3世代まで保存可能
*バックアップの自動設定、リストアなどをサーバー管理用コントロールパネルから操作
問合せ窓口 ・事務手続き:平日9:30~17:30(メール)
・テクニカルサポート:平日9:30~17:30(メール)
・事務手続き:平日9:30~17:30(メール)
・テクニカルサポート:ご契約のサポートプランにより、サポート範囲が分かれております。
①ベーシックサポート(プラン)をご契約の場合:オンラインマニュアルやFAQ
②メールサポ ート(プラン)をご契約の場合:平日9:30~17:30(メール)
故障時受付 24時間365日(電話・メール) Webでの工事・故障情報掲載、メール通知のみ
※故障発生時の対応に関してはテクニカルポリシーをご確認ください。
サーバーの監視 ・NTTPCによるPing監視
・NTTPCによる各種監視オプションあり(詳細は「サーバースペック比較表」を参照)
契約者にて「セルフ監視」をサーバー管理用コントロールパネルより設定
運用サポート NTTPCによる作業代行オプションあり(詳細は「サーバースペック比較表」を参照) NTTPCによる作業代行オプションなし(契約者にて作業実施)
申し込みや契約確認の方法 契約者からの申請書に基づき実施 契約者コントロールパネルからお申し込み・契約確認可
その他   収容サーバーの単体故障時に、そこで収容されていた仮想専用サーバーが他のホストサーバーで再起動するフェイルオーバー機能を標準搭載

その他、詳細なサーバースペック比較については専用サーバー/SuitePRO V4サーバースペック比較表をご確認ください。
お申し込み時期と内容により、現在ご利用中の専用サーバーのサーバースペックは異なります。詳細はお客さま個別に送付する資料にてご確認ください。
SuitePRO V4の機能の詳細は、サービスサイトのSuitePRO V4の機能をご確認ください。

よくあるご質問

Q.物理専用タイプのサービスに移行することはできますか?

A.大変申し訳ございませんが、物理専用タイプのサービスは用意しておりません。
ご理解のほど、お願い致します。

Q.現在利用中のグローバルIPアドレスは移行先でそのまま使うことはできますか。

A.大変申し訳ございませんが、専用サーバーでご利用中のグローバルIPアドレスをその他のサービスへ移行利用することはできません。移行先サービスで新たに割り当てるグローバルIPアドレスをご利用いただきますようお願い致します。

Q.サーバーの構築や運用管理ができないのですが、より簡単に利用できるサービスはありますか?

A.共用レンタルサーバーSuiteXを提供しております。
サーバー利用が初めてのお客さまでも簡単な操作で、メール利用やホームページの作成ができるサービスです。
詳細はSuiteXのサービスサイトをご確認ください。

Q.専用サーバーからSuitePRO V4への移行にあたって、どういった料金がいつ発生しますか?

A.専用サーバー請求書払い、SuitePRO V4請求書・口座振替支払いコースの場合、料金の発生・請求例は次の通りです。

上記は7月15日にSuitePRO V4を開通し、8月31日に専用サーバーを解約する場合の例です。

SuitePRO V4に関する仕様、運用ついてはお客さまサポートサイトよりご確認になれます。

本件に関するお問い合わせ

専用サーバーの手続き方法に関するお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

※ご契約内容等はご利用責任者への開示となります。
ご利用責任者が変更になっている場合は併せて情報変更のお申込みをお願いします。

SuitePRO V4のお手続き方法、お見積り(料金シミュレーション)についてはお客さまサポートサイトよりご確認ください。

オンライン見積

SuitePRO V4 オンラインマニュアル

よくあるご質問

SuitePRO V4の導入につきましては、SuitePRO V4サーバー導入相談窓口でもご相談を承っております。
サービス担当者がご質問にお答えし、ご用件に合わせたプランを提案いたしますので、合わせてご活用ください。

WebARENA、SuitePRO、名づけてねっと、Infosphere、Master’s ONEは、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

Linuxは、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

Microsoft、Windows、Windows Server、およびSQL Server は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。