• お客さまサポート
  • 「Cloudn」サービス終了に伴う SuitePRO V4、Indigoへの移行手続きのご案内

移行ガイド:
「Cloudn」サービス終了に伴う「Indigo」、「SuitePRO V4」への移行手続きのご案内

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTTCom)の「Cloudn」サービス提供終了に伴い、 「Cloudn」をご利用のお客さま向けに「WebARENA Indigo」(以下「Indigo」)、「WebARENA SuitePRO V4」(以下、「SuitePRO V4」)をご案内いたします。

1 移行先サービスについて

お客さまの要件に合わせて、移行先サービスを選択してください。

各サービスのポジション

移行先の後継サービスラインアップ
サービス Indigo SuitePRO V4
概要 開発者向け
・月額349円(税込)~の低価格
・料金は時間ごとの従量課金方式
・APIが利用可能


ビジネス向け
・高い品質*1とセキュリティ機能*2を提供
・自動データバックアップあり
・サービス品質保証制度(SLA)100%に設定
・東京リージョンと大阪リージョンから選択可能

*12018年度稼働率実績99.97%

*2共用UTMを標準装備、さらに有料オプションで「仮想UTM」を提供。

DNSの利用には別途「DNSアウトソーシング」オプションのお申し込みが必要です。

「SuitePRO V4」、「Indigo」と「Cloudn」との料金、サービスに関する差分は比較表をご確認ください。

2 移行特典(Cloudnからの移行キャンペーン)

「Cloudn 」からお乗り換えのお客さまへ次の特典を用意しております。

対象商品 Indigo SuitePRO V4
特典 月額利用料金が最大6ヵ月50%割引 初期料金が無料
月額利用料金が最大3ヵ月無料
クーポン適用月を1か月目として最大月数分までが特典対象 サーバー開通月を1か月目として最大月数分までが特典対象
対象のお客さま NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する「Cloudn 」から移行するお客さま
お申し込み期限 2020年12月31日まで
特典適用条件 上記期限内にNTTコミュニケーションズより受け取ったクーポンコードを利用して、次項「3.移行の流れ」の【STEP1】の申し込み手続きを実施 上記期限内に、次項「3.移行の流れ」の【STEP1】の申し込み手続きを実施
注意事項 ※本特典をご利用の場合、最低利用期間は、利用開始日から起算して12ヵ月経過後の月末までです。(利用開始日が2019年10月24日の場合、2020年10月31日までが最低利用期間となります。)途中で解約された場合、残存期間分の料金はお支払い対象です。
※キャンペーン終了後は通常料金となります。
※本キャンペーン内容は予告なく変更または終了する場合があります。
※同一サービスにて他キャンペーンおよび他の割引との併用はできません。

3 移行の流れ

Indigo SuitePRO V4
【STEP1】
サービスのお申し込み
1.NTTコミュニケーションズより、クーポンコードをお受け取りください。
2.下記の「お申し込み」をクリックして、オンラインサインアップを開始します。
3.オンラインサインアップの「サービスの選択 」の画面で、クーポンコードを入力して申し込を完了させます。

特典付きお申し込みにはCloudnのご契約番号(Nxxxxxxxxxの9桁の数字)が必要になります。Cloudnのポータルサイトまたは請求書等をご確認ください。

現在、大阪リージョンは在庫切れのため、お申し込みを受け付けておりません。ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、在庫不足解消(2020年6月8日(月)予定)までしばらくお待ちください。

【STEP2】
確認
1.サービスのお申し込みが完了すると、連絡先メールアドレス宛に開通通知が配信されます。
2.開通通知に記載されている内容に従って、コントロールパネルにログインできることをご確認ください。
【STEP3】
サーバー移行
【方式1:移行ツール利用】

①Cloudnで仮想サーバーのディスクのダウンロードを行い、払い出されるURLを取得してください。

②「Indigo」もしくは「SuitePRO V4」のコントロールパネルで、①のURLを入力し、仮想サーバーのデータを移行してください。

③データの移行が完了したら、仮想サーバーを起動し、必要な設定項目の変更を行ってください。

④追加ディスクのデータは、コマンドを使って移行してください。
<コマンド>
CentOS/Ubuntu:rsync
Windows:robocopy

【方式2:新規サーバー構築】
①「Indigo」もしくは「SuitePRO V4」のコントロールパネルで、仮想サーバーを新規構築してください。
②任意のデータ領域をコマンドを使って移行してください。
<コマンド>
CentOS/Ubuntu:rsync
Windows:robocopy
【STEP4】
動作確認とDNS切替
動作確認を実施し、問題なければDNSの切り替えを実施してください。
【STEP5】
旧サービスの解約
旧サービスを解約してください。

4 よくあるご質問

5 お問い合わせ

■「Cloudn」サービス提供終了・移行に関するお問い合わせ

Cloudnお問い合わせページからご連絡ください。
移行に関するチケット作成の際は、必ず【移行】を含んだ「タイトル」を入力してください。

■WebARENAへの移行に関するお問い合わせ

Indigoはセルフケア型のサービスであり、お問い合わせはサービス概要・料金・お申し込みに関連した内容にのみ対応しております。サポートポリシーをご覧ください。