移行〜WebARENA メールホスティングへの移行

WebARENA メールホスティングへの移行

はじめに

本マニュアルでは他のサーバーからWebARENA メールホスティングに移行する手順につきまして「3つのSTEP」で案内いたします。
更に詳しい手順をPDFファイルにてご案内しております。こちらよりダウンロードください。

「IPアドレス」、「ドメイン名」は、サイトマネージャーログイン後の「インフォメーション」画面でご確認ください。

STEP1 - メールアカウントの作成

  1. ブラウザを起動してください。
    ブラウザのアドレス入力欄に以下のURLを入力し、サイトマネージャーにアクセスしてください。

    https://manager.mail.arena.ne.jp

  2. 「サイトマネージャー・メールマネージャー」のロゴをクリックすると、認証用のダイアログが表示されます。
    ユーザー名(U)の欄に 「kanri@お客さまドメイン」 パスワード(P)の欄に 「指定されたパスワード」を入力します。

  3. メールアカウントを追加します。
    「メール管理」→「メールユーザー管理」→「メールユーザーの登録・変更」をクリックします。
    次に「アカウント名」の欄にご使用中のアカウント名を記入します。
    続いて「パスワード」の欄にパスワードの文字列を記入します。

    ※利用可能なパスワードの文字列についてはオンラインマニュアル「アカウント」をご覧ください。

    「新規登録」をクリックします。

  4. 正常に完了しますと、以下画面が表示されます。

STEP2 - メールソフトの設定

メールの取りこぼし対策について
サーバーの乗り換えでは、DNS情報が浸透するまで3日間程度時間を要します。 この間、メールは一時的に旧サーバーと移行先のサーバーのどちらか一方に届く状態となります。 メールの取りこぼしを防ぐために現在ご利用中のメールボックスと、WebARENA メールホスティング用のメールボックスの2つを併用してメールを受信なさることを推奨いたします。

本マニュアルでは Windows Live メール を例に案内いたします。

  1. メールソフトの設定を行います。
    Windows Live メールを起動し、WebARENA メールホスティング用のメールボックスを作成します。
    [アカウント]→[電子メール]をクリックします。

    メールアカウントを追加する画面が開きますので、以下の内容を入力し「次へ」をクリックします。
    電子メールアドレス:アカウント名@お客さまドメイン名
    パスワード:設定するアカウントのパスワード
    表示名:任意の名前

    メールアカウントを追加する画面が開きますので、以下の内容を入力し「次へ」をクリックします。
    <受信サーバー情報>
    サーバーの種類:POP
    サーバーのアドレス:予備ドメイン名 ポート:110
    ログオンユーザ名:アカウント名
    <送信サーバー情報>
    サーバーのアドレス:予備ドメイン名 ポート:587
    認証が必要:チェックを入れる

    以下の画面が表示されましたら基本設定の完了です。

    「SMTP Authentication(SMTP認証)」の設定を行います。
    Windows Live メールの画面からWebARENA メールホスティング用に設定した表示名を右クリックし、「プロパティ」を選択してください。

    [サーバー]タブを選択し[このサーバーは認証が必要]にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

    [閉じる]ボタンをクリックし、「SMTP Authentication(SMTP認証)」の設定の完了です。
SMTP Authentication(SMTP認証)について
WebARENA メールホスティングでは、「SMTP Authentication(SMTP認証)」の設定が必須です。詳しくは 「オンラインマニュアル > 電子メール~制限事項 > 1.SMTP利用制限」をご覧ください。
  1. 移行元サーバーのメールの設定を確認・変更します。

    Windows Live メールを起動し、移行元メールボックスの表示名を右クリックし、「プロパティ」を選択してください。
    続いて[サーバー]タブをクリックします。

    以下の項目を確認し、ドメイン名で設定されている場合は移行元のIPアドレスに変更します。

STEP3 - DNS情報の変更

ドメインネームサーバを変更・登録をすることでWebARENA メールホスティングでお客さまのドメイン名を利用したホームページへのアクセスやメールの送受信を行うことが可能になります。

DNS情報の変更は、
  a:WebARENA メールホスティングのDNSを利用する場合
  b:お客さまのDNSを利用する場合
の2通りありますが、ここでは「a:WebARENA メールホスティングのDNSを利用する場合」の変更方法を案内いたします。

  1. DNSの設定
    サイトマネージャーにログインします。
    ※具体的なログイン手順は「STEP1.アカウントの作成」の項をご覧ください。

    ①ログイン後、左メニューの「サイト管理」 > 「ドメイン」 > 「DNS設定変更」 をクリックします。
    画面が表示されるまで時間がかかる場合がございますが、そのままお待ちください。

    ②「DNS設定変更」のページが開きますので「このサービスで提供しているDNSを使用する。」を選択します。

    ③DNSに設定される項目が表示されます。自由入力項目を必要に応じて編集し、「設定」ボタンをクリックしてください。

    (例)   ドメインがexample.com、IPアドレスが123.123.123.123の場合、以下の内容で設定します。

    example.com MX   10 mail.example.com
    mail.example.com A 123.123.123.123
    example.com TXT v=spf1 +ip4:123.123.123.123/32 +ip4:[自由入力]~all
    example.com A [自由入力]
    www.example.com A [自由入力]
    webmail.example.com A 124.146.151.146
    123.123.123.123 PTR mail.example.com

    ④完了画面が表示されます。

    完了画面が表示されるまで時間がかかる場合がありますが、そのままお待ちください。

  2. WHOIS情報の変更

    他社さまのサーバーからの移行のお客さまは、ドメイン事業者(レジストラ)に現在登録 されているDNSを以下のように変更するよう依頼します。

      DNS名 IPアドレス
    プライマリDNS asns1.customer.ne.jp 210.150.254.86
    セカンダリDNS asns2.customer.ne.jp 210.150.254.94
    DNSの変更方法はレジストラにより異なります。詳しくはレジストラさまにお問い合わせください。
ご注意
DNSが変更されましたら、WebARENA メールホスティングへのアクセスが開始します。変更から 3日程度は現在ご利用中のサーバーと、WebARENA メールホスティングのどちらか一方にアクセスがありますので、両方の メールボックスをチェックするようにしてください。

完了

上記作業後、旧サーバーにメールが届かなくなりましたら、サーバーの乗り換え作業は完了です。

なお、メールアドレスの作成などの作業期間の関係上、2週間程度は現在ご利用中のサーバーとWebARENA メールホスティングサーバーを併用されることをおすすめします。