電子メール~基本機能

機能

1.対応プロトコル

SMTP、POP3、IMAPに対応しています。

2.使用できるアカウント

メールを使用できるアカウントはメールユーザーのみです。管理者(kanri@お客さまドメイン)は、メールサーバー運用上の連絡(容量超過など)をおこなうためのメールアドレスとなります。外部からのメール受信や、送信のための認証アカウントとしては利用しないでください。

3.ウイルスチェック

標準でウイルスチェックに対応しています。WebARENA メールホスティングのサーバーを通るすべてのメールは 自動的にウイルスチェックが行われます。
ウイルスが発見された場合、「554 Error :found virus」というエラーを表示して該当メールの送信を停止します。

4.迷惑メール対策

標準で迷惑メール対策に対応しています。
詳細につきましては、「迷惑メール対策」の項目をご確認ください。

5.メール送信(SMTP)の submission ポートへの対応

メール送信時に submission ポート(Port 587)をご利用いただけます。
お客さまがメールを送信する場合はSMTPポート(port 25)ではなく、 submission ポート(Port 587)での送信を推奨しております。
メールクライアントの設定例については「設定・使用方法」の項目をご確認ください。

6.容量制限

各アカウントごとに容量制限を設けることができます。容量制限はサイトマネージャーで設定します。

サイトマネージャーの、「メール管理」→「メールユーザー管理」→「メールユーザーの登録・変更」から行ってください。

7.容量警告メール

各メールユーザーのメールボックスの使用量が全体容量の80%と95%を超過した場合に通知する機能です。

  • 利用率が80%と95%を超過した際に該当メールユーザー宛てに、それぞれ一度だけ通知されます。警告メール送信後に再び閾値を下回らないかぎり、何度も警告メールが送信される事はありません。
  • 転送が設定されていた場合、転送対象になります。
  • 容量警告メールを一括で管理したい場合は「システム通知メール受信設定」をご利用ください。

8.メールサイズ制限

送受信できる1通の容量を初期設定(20MB)から変更できる機能です。

メール1通あたりの最大サイズ(エンコード後※)について変更が可能です。
※エンコード方式により若干異なりますが、エンコード後は元のファイルの約1.4倍になります。
設定変更が可能な容量は2MB 5MB 10MB 20MBとなります。20MB以上には設定できません。

サイトマネージャーの、 「メール管理」→「メールサーバー管理」→「最大メールサイズ制限」から設定を行ってください。

9.宛先に大文字が含まれる場合のメールについて

本サービスはシステム上、小文字のアカウントのみが作成可能です。
ただし、大文字で宛先が指定されているメールがサーバーに届いた場合、小文字に変換されたアカウントにメールが配送されます。
(例:「USER@お客さまドメイン」宛てのメールは「user」というアカウントに配送されます。)
本サービスではメールアカウントは小文字が正式な形式であり、できる限り大文字での宛先指定は行なわないでください。