電子メール~転送設定

転送設定

1.概要

届いたメールを特定の宛先に転送(全転送)する機能です。
※条件付き転送についてはこちらをご確認ください。

2. 仕様

  • 条件付き転送と合計10個まで転送先の設定が可能です。
  • 転送後に「メールをメールボックスに残す」か「メールをメールボックスに残さない」かの選択が可能です。 ただし、メールロストを防ぐため、条件付き転送以外の転送先(全転送)が1つも指定されていない場合、「メールをメールボックスに残さない」という設定は選択できません。
  • 本機能よりSPAM隔離機能が優先されます。SPAM隔離されたメールに関しては転送されません。

3. 注意事項

  • メールループ防止の為、短期間内に同一のmessage-idを持ったメールが届いた場合、2通目以降は転送の対象外となります。 また、この条件に当てはまったメールに関しては「メールをメールボックスに残さない」という設定になっていた場合でも、メールロストを防止する為メールボックス内に配送されます。
  • postfixの仕様により、転送処理に失敗した場合は「転送を設定したアカウント」ではなく、「元のメールの送信元」に転送処理が失敗した旨のエラーメールが返ります。該当のエラーメール本文には転送先の情報も含まれるため、ご注意ください。

4.設定方法

管理者(kanri@お客さまドメイン)は、サイトマネージャーから、メールユーザはメールマネージャー※1から、設定を行うことができます。

サイトマネージャーは「サイト管理」「メールユーザ管理」「メールユーザの転送設定」から設定を行ってください。

メールマネージャーは「メールアカウント管理」「メール転送設定」から設定を行ってください。

※1メールマネージャーによる設定は管理者により「ユーザー転送設定制限」が許可されている場合に限ります。