電子メール~クライアント設定方法

クライアント設定方法

1.設定する情報 [暗号化通信なし]

メールを送受信する時はメールソフトに以下の情報を設定します。

名前 任意の名前
メールアドレス 使用するアカウントのメールアドレス
( [アカウント名]@[ドメイン] )
送信メール サーバー名
(SMTPサーバー)
mail.ドメイン または IPアドレス
送信サーバーポート番号 587
受信メール サーバー名
(POP/IMAPサーバー)
mail.ドメイン または IPアドレス
アカウント 使用するアカウント名
パスワード 入力したアカウントのパスワード
送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックを入れる



■設定例
ドメインが「example.com」でメールユーザー「nttpc」を使用する場合は以下のように設定します。
(※WebARENA メールホスティングで提供しているDNSサーバーを使用した場合の設定例です。)

名前 任意の名前
メールアドレス nttpc@example.com
送信メール サーバー名
(SMTPサーバー)
mail.example.com または IPアドレス
送信サーバーポート番号 587
受信メール サーバー名
(POP/IMAPサーバー)
mail.example.com または IPアドレス
アカウント nttpc
パスワード メールユーザー「nttpc」のパスワード
送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックを入れる

必ずメールソフトにてSMTP Authentication(SMTP認証)を使用する設定を行ってください。設定を行わない場合、外部宛てメールが送信できない場合があります。

具体的な設定例は、「メールマネージャー」の画面左にありますメニューより、「メールソフト設定例」をクリックしていただくことでご確認できます。ご参照ください。

2.設定する情報 [暗号化通信あり]

暗号化通信でメールを送受信する時はメールソフトに以下の情報を設定します。

名前 任意の名前
メールアドレス 使用するアカウントのメールアドレス
( [アカウント名]@[ドメイン] )
送信メール サーバー名
(SMTPサーバー)
予備ドメイン※1
送信サーバーポート番号 465
受信メール サーバー名
(POP/IMAPサーバー)
予備ドメイン※1
受信サーバー ポート番号 995(POP) 又は 993(IMAP)
使用する暗号化接続の種類 SSL
アカウント 使用するアカウント名
パスワード 入力したアカウントのパスワード
送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックを入れる

※1 予備ドメインは「管理者コントロールパネル」の「インフォメーション」からご確認ください。(確認方法詳細)
※暗号化通信ではクライアントソフトのサーバー名の欄にIPアドレスや独自ドメインが指定してある場合、警告が発せられたり、接続に失敗する場合があります。必ず予備ドメインを指定してください。

■設定例
ドメインが「example.com」でメールユーザー「nttpc」を使用する場合は以下のように設定します。
(予備ドメインが「v0000-000.mailsecure.jp」の場合の設定例です。)

名前 任意の名前
メールアドレス nttpc@example.com
送信メール サーバー名
(SMTPサーバー)
v0000-000.mailsecure.jp
送信サーバーポート番号 465
受信メール サーバー名
(POP/IMAPサーバー)
v0000-000.mailsecure.jp
受信サーバー ポート番号 995(POP) 又は 993(IMAP)
使用する暗号化接続の種類 SSL
アカウント nttpc
パスワード メールユーザー「nttpc」のパスワード
送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックを入れる

3.メールソフトの設定方法

メールソフトの設定方法につきましては、以下の設定例をご参照ください。

メールソフトの設定方法[暗号化なし] - Windows Liveメール(windows7)

メールソフトの設定方法[暗号化あり] - Windows8 メール(windows8)

※ Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。