セキュリティ機能〜メール接続元IPアドレス制限

メール接続元IPアドレス制限

1. 概要

メールの送受信が可能なクライアントの接続元IPアドレスを制限する機能です。

2. 仕様

  • POP3(110)/POP3S(995)とIMAP(143)/IMAPS(993)およびSUBMISSION(587)/SMTPS(465)について、特定のIPアドレス帯からの接続に限定することが可能です。POP3とIMAPに関しては全てのアドレスから拒否する設定を投入して、機能を利用できなくすることも可能です。
  • 本機能ではSMTP(25番ポート)は接続元IPアドレスを制限することはできません。ただし、SMTP(25番ポート)でのSMTPAUTHを禁止し、SUBMISSIONでの制限を併用することにより、外部送信を許可するIPアドレスを制限することが可能です。外部からメールを送信してくるメールサーバーを制限したい場合、フロントゲートウェイ機能をご利用ください。
  • IPアドレスだけでなく、ネットワークアドレス/サブネットマスクの形式での指定も可能です。
  • 特定のネットワークからのみの接続を許可する場合、接続可能なIPアドレスレンジには最大128個のネットワークが設定可能です。

3.注意事項

  • 設定の反映に数分かかる場合があります。確認に関しては設定投入後5分程度経過した後に実施してください。
  • Webメールでの制限についてはWebメールセキュリティ設定をご確認ください。