独自SSL

サイトアドバンスは、お客さまの独自ドメインで取得したSSLサーバー証明書(独自SSL)をサーバーに登録・サイトへ割当ることで、利用することができます。 コントロールパネルでは、証明書の登録・編集・削除とサイトへの証明書割当ができます。

証明書の登録

  1. コントロールパネルにログイン後、メインメニューの「ユーティリティ>独自SSL」をクリックします。
  2. 「証明書の登録」ボタンをクリックし、必要事項を入力します。
    入力項目 内容
    識別名 証明書の名称。
    CSR/秘密鍵 「作成」または「持込」を選択することができます。
    「作成」を選択した場合、まず認証局にご提出いただくCSR(証明書署名要求)の作成を行います。
    パスフレーズ 秘密鍵を「持込」する場合、持ち込みの秘密鍵作成する際にパスフレーズを入力している場合に、必須事項。
    秘密鍵 作成した秘密鍵、もしくは移行の場合は移行する証明書と対となる秘密鍵。
    中間証明書 各認証局から取得した中間証明書、もしくは移行の場合は他サービスでご利用の中間証明書。
    証明書 各認証局から取得した証明書、もしくは移行の場合は他サービスでご利用の証明書。
  3. 正常に証明書の登録処理が完了したら、証明書一覧画面に表示されます。

各種証明書の編集

  1. コントロールパネルにログイン後、メインメニューの「ユーティリティ>独自SSL」をクリックします。
  2. 登録済みの証明書一覧が表示されるので、変更対象の証明書識別名をクリックします。証明書の詳細画面が表示されます。
  3. 「編集」ボタンをクリックすると、CSR、秘密鍵、中間証明書、証明書を編集するテキストボックスが表示されます。
    ただし、CSR/秘密鍵をコントロールパネルから新規作成した場合、CSR/秘密鍵の編集はできません。

    秘密鍵、中間証明書、証明書を変更したい場合、変更後の内容をそれぞれのテキストボックスに貼り付けてください。
    最後に「変更」ボタンをクリックすると、それぞれの内容が上書き保存されます。

ドメインの割当

秘密鍵と証明書、必要に応じて中間証明書の登録が完了したら、ドメインの割当を行います。ドメインがサイトに割当てられたら、各種証明書がサーバーにインストールされて、使用できるようになります。

  1. コントロールパネルにログイン後、メインメニューの「ユーティリティ>独自SSL」をクリックします。
  2. 登録済みの証明書一覧が表示されるので、ドメイン割当を行いたい証明書識別名をクリックして証明書詳細画面を表示してください。
  3. 秘密鍵、証明書が保存されていたら、ドメイン名の「編集」ボタンが有効になっています。
  4. ドメイン名の「編集」ボタンをクリックすると、割当可能な登録済みドメイン名が表示されます。割当てたいドメインを選択して、「設定」ボタンをクリックしてください。
  5. 正常にドメイン割当の処理が完了したら、証明書詳細画面のドメイン名に表示されます。
  6. ドメイン割当が行われている証明書は、ドメインがサイトに割当てられるとサーバーにインストールされます。
    ドメインがサイトに割当られると、サイト詳細画面の本番URLにURLが表示されます。SSL証明書が割当てられているドメインの場合、本番URLに「https://」表示が追記されます。

証明書の削除

  1. コントロールパネルにログイン後、メインメニューの「ユーティリティ>独自SSL」をクリックします。
  2. 登録済みの証明書一覧が表示されるので、削除対象の識別名を選択して、「削除」ボタンをクリックしてください。
    ドメインが割当られている証明書は削除できません。
  3. 正常に証明書の削除処理が完了したら、証明書一覧画面から該当の証明書識別名が削除されていることが確認できます。