機能

転送方式

サーバーへのコンテンツのアップロード・テンプレートファイル・共有ファイルのダウンロードなどを行うためのファイル転送方式として、FTPS・SFTPの2種類をサポートしています。

FTPS

FTPSを使えるアカウントは、管理アカウント・一般アカウント・ファイル共有専用アカウントです。

SSL/TLSの暗号化通信のみ対応しています。通信内容を暗号化しているため、より安全にファイル転送を行うことができます。暗号化の方式はExplicit方式※1です。Implicit方式※2には対応していません。

なお、通信の暗号化のみを目的とした機能となりますので証明書は弊社にてセルフサインにより作成したものを使用しております。お客さまが証明書をご用意される必要はございません。また、お客さま独自の証明書に入れ替えることもできません。

※1暗号化されていない状態で通常のFTP接続を開始した後、クライアントからの要求により暗号化されたFTPセッションを開始する方式。

※2セッション開始時から暗号化されたFTP接続を行う方式。

SFTP

SFTPを使えるアカウントは、管理アカウント・一般アカウント・ファイル共有専用アカウントです。

FTPS同様、通信内容を暗号化しているため、より安全にファイル転送を行うことができます。

容量制限

アカウントごと、サイトごとに容量制限を設けることはできません。

制限事項

お客さまのディスク領域に設置できるディレクトリ数・ファイル数にはあらかじめ制限をもうけさせていただいております。

制限に該当した場合、ご使用のFTPソフトによりますが、次のようなエラーメッセージが表示されます。

使用容量の制限

具体的な数に関しては非公開となります。ご了承ください。

サイトアドバンスにてあらかじめ用意しているディレクトリのパーミッションは、セキュリティの高い状態を維持するため、お客さまにて変更ができません。

ディレクトリ構造

FTPでサーバーに接続した時、下記のディレクトリが存在します。

ディレクトリ パーミッション 主な用途
/ (ルートディレクトリ) - -
htdocs 755 (rwxr-xr-x) HTML・CGI・PHP・SSI
※サイト作成のたびにドキュメントルートで指定したフォルダが作成されます
htdocs/.tmp 750 (rwxr-x--) お客さまのスクリプトやWordPressにて利用していただく、一時ファイル保存場所となります。
※セッション情報など、通常「/tmp」を使って一時利用するようなファイルの置き場として使ってください。
etc 750 (rwxr-x--) 弊社管理の領域
※お客さまアカウントで操作はできません。
templates 750 (rwxr-x--) テンプレートファイル置き場
※最初のテンプレートファイルが作成された時に作成されるフォルダです。
fileshare 755 (rwxr-xr-x) ファイル共有専用フォルダ
※最初のファイル共有専用アカウント作成時に作成される。