ReadonlyWeb

Webサーバーソフト

WebサーバーソフトはApache のバージョン2.2になります。

対応プロトコル

HTTPとHTTPS(SSL)に対応しています。HTTPSは共用SSL及び独自SSLが利用できます。
共用SSL、独自SSLの詳細は、サポートサイト内「共用SSL」、「独自SSL」をご確認ください。

対応コンテンツ

各種コンテンツへの対応状況は次の通りです。

HTML HDML(Ezweb)
JavaScript RealAudio / RealVideo
Javaアプレット QuickTime
Javaサーブレット × Windows Media
スタイルシート ASP (Active Server Pages) ×
CGI JSP (Java Server Pages) ×
SSI FrontPage Server Extentions ×
PHP データベース (MySQL)
Flash データベース (SQLite)
CompactHTML(iモード)

ドキュメントルート

ドキュメントルートはホームページの一番上の階層として見えるディレクトリです。 WebARENA サイトアドバンスでは サイト作成時に指定したディレクトリがドキュメントルートに設定されます。
サイト作成の方法についてはオンラインマニュアル「コントロールパネル サイト新規作成」をご確認ください。

デフォルトドキュメント

デフォルトドキュメントとは、ブラウズを行う時にファイル名を省略してアドレスを入力する事ができる 特別な名前のファイルです。 一般的にトップページ用のコンテンツをデフォルトドキュメントにします。

  • index.html
  • index.htm
  • index.shtml
  • index.cgi
  • index.php
  • index.chtml
  • index.hdml

同じディレクトリにこれらのファイルがある場合は、上記の順で先に書かれている方が優先的に使用されます。

「.htaccess」によるカスタマイズ

「.htaccess」ファイルを使用してApacheの動作をカスタマイズすることができます。 WebARENA サイトアドバンスのApacheには次のモジュールが組み込まれています。

  • http_core
  • mod_actions
  • mod_alias
  • mod_auth_basic
  • mod_authn_dbm
  • mod_authn_file
  • mod_authz_dbm
  • mod_authz_groupfile
  • mod_authz_user
  • mod_autoindex
  • mod_cgi
  • mod_dir
  • mod_env
  • mod_include
  • mod_log_config
  • mod_mime
  • mod_negotiation
  • mod_php5
  • mod_rewrite
  • mod_setenvif
注意
上記で赤字になっているものは、機能が分割された等でApache2.2系から名称が変更になっているものです。これらを使用するカスタマイズを行う場合は、変更点をご確認の上ご使用ください。

AllowOverrideディレクティブで上書きが許可されている属性は以下の通りです。

  • AuthConfig
  • FileInfo
  • Indexes
  • Limit
  • Options

次の条件をすべて満たしているディレクティブであれば「.htaccess」に記述して使用することができます。

  • そのディレクティブを使用するために必要なモジュールが組み込まれている。
  • AllowOverrideディレクティブで上書きが許可されている。
  • コンテキストに.htaccessが含まれている。(.htaccessに記述できる。)

具体的な.htaccessの使用方法についてはApacheについて解説されている書籍やホームページなどをご参考に、お客さまの責任においてご利用ください。