WPWeb

概要

WPWebでは、WordPressを使ったWebサイト向けに最適化された快適なWebサーバー環境を提供します。
コントロールパネルより、WPWebのサイト作成を行うことでWordPressを自動インストールをすることができます。

Webサーバーソフト

Webサーバーソフトはnginxとなります。phpスクリプトは、php-fpm環境で動作します。

対応プロトコル

HTTPとHTTPS(SSL)に対応しています。HTTPSは共用SSL及び独自SSLが利用できます。 共用SSL、独自SSLの詳細は、サポートサイト内「共用SSL」、「独自SSL」をご確認ください。

対応コンテンツ

対応コンテンツは、コントロールパネルより自動インストールされたWordPressのみです。

ドキュメントルート

ドキュメントルートはホームページの一番上の階層として見えるディレクトリです。 WebARENA サイトアドバンスでは サイト作成時に指定したディレクトリがドキュメントルートに設定されます。
サイト作成の方法についてはオンラインマニュアル「コントロールパネル サイト新規作成」をご確認ください。

自動設定されるWordPressの設定

コントロールパネルから、WPWebのサイト新規作成、サイトコピーを行うとWordPressの自動設定がされます。

サイト新規作成(WPWebを選択)の際、以下の項目が自動設定されます。

  • サイトのタイトル
  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)
  • 管理ユーザーのID
  • 管理ユーザーのパスワード
  • データベースのパスワード
  • データベースのテーブル名の接頭語

サイトコピー及びサイト新規作成(テンプレート)の際、以下の項目が自動設定されます。

  • サイトのタイトル
  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)
  • 管理ユーザーのID
  • 管理ユーザーのパスワード
  • データベースのパスワード

なお、DBのテーブル名の接頭語には、コピー元もしくはテンプレートのサイトと同じ文言が設定されます。

注意事項

WPWebをご利用いただく際の注意事項は以下の通りです。

  • WordPressのアップデートはお客さまの責任において実施してください。
  • WPWebからメールを送るにはSMTPの設定が必要となります。SMTPの設定に必要な情報はコントロールパネルのユーティリティ、送信用SMTPからご確認ください。
  • ドメイン割当などでサイトのURLが変更された際、お客さまご自身でWordPressアドレス(URL)及びサイトアドレス(URL)の変更を行ってください。変更方法は以下の通りです。
    1. WP管理画面にログインします。
    2. メニューを開き、設定、一般をクリックします。
    3. WordPress アドレス (URL)、サイトアドレス (URL)にご入力いただき、変更を保存をクリックします。
  • WPWebのセッション保持の為、以下のディレクトリを使用します。FTPでアクセスされた際に本ディレクトリを削除しないようにご注意ください。
    /htdocs/ .wptmp

関連マニュアル

コントロールパネルでのサイト新規作成に関する操作 コントロールパネル~サイト新規作成