サーバー管理

WebARENA Soloでは、お客さまに管理者権限(root権限)をお渡ししています。
ご契約サーバーへのリモートでの全ての管理作業はお客さまにて実行可能です。

お客さまにはご自由にサーバーの各種設定、ソフトウェアのインストール、コンテンツの管理などが実行可能であり、あわせてサーバーのセキュリティ保全などもお客さま責任において実施する必要があります。

アクセス権限設定について

ご利用開始時は、リモートでのサーバー管理が可能な状態でお引き渡ししています。ご利用開始後、速やかに必要以外のポート遮断、アクセス制限設定などを行ってください。

セキュリティパッチについて

NTTPCよりOSに関するバッチアップデートを提供しますので、お客さまにて適用をご実施ください。(Linuxサーバーでは、初期設定でセキュリティパッチの自動アップデートを行います。)
個々のアプリケーションのパッチアップデート適用の設定については、開通後、お客さまにて自由に設定ください。

【Linuxサーバーについて】(Pleskを含む)

cornの設定により、RPMパッケージのアップデートが自動で行われる状態で開通します。
これにより、Red Hat株式会社から新しいパッチがリリースされたり、修正プログラムが更新された際は自動でサーバーにインストールされます。
この設定は、開通後自由に変更できます。
※カーネル関連のパッケージのアップデートは自動的には行われません。ご了承ください。

【Windowsサーバーについて】

Windows Updateは、「通知のみ」の設定がなされている状態で開通します。「自動更新」への設定変更やパッチモジュールのダウンロード・インストールについては、お客さまにて行うことが可能です。

NTTPC保守用アカウントについて

ご利用開始時には、管理者やシステム関連のアカウントの他に、複数のNTTPC作業用アカウントを登録しております。(アカウント名は開通時にお渡しするご利用の手引きにてご確認ください。)

これらのアカウントは、サーバートラブル時の復旧作業やテクニカルなサポートを行う場合にNTTPCが使用するものです。

サーバーの全権限はお客さまにございますので、これらのアカウントを削除することも可能ですが、その場合、NTTPCで行うトラブル時の復旧作業、テクニカルサポートなどは行うことができませんのであらかじめご了承下さい。