アプリケーション~XOOPS

概要

コミュニティサイト構築ツール「XOOPS」を管理ツールから簡単な操作で設置することが出来ます。

注意事項

本プログラムは「XOOPS 2.0」を WebARENA Suite2 上で動作するよう設定を行い、サーバ上にインストールするものです。
そのため弊社サポートは、インストール部分に限らせていただきます。

「XOOPS」本体の設定方法や、動作の詳細等につきましては弊社サポート外となります。ご了承ください。

また、本プログラムはWebARENA Suite2のオプションサービス、データベースMySQLと連携して動作することを前提としており、 MySQLデータベースの契約が必要になります。お客様側にてご用意されたMySQLサーバとの動作保障はいたしかねます。

MySQLデータベースオプションのお申込は契約情報変更サービスから可能です。

「XOOPS」について

「XOOPS」の使用方法、その詳細、各種プラグイン等の設定方法、ご質問等につきましては、弊社サポート外となります。ご了承ください。

詳しくは、下記のリンクよりお調べください。

使用できるお客様

XOOPSはサイト管理者 または Web特権ユーザが設置できます。
サイト管理者のお客様はサイトマネージャにログインして「Web&FTP管理」→「CGI管理」→「CGIインストール」から設置して下さい。
Web特権ユーザのお客様はWebマネージャにログインして「Webアカウント管理」→「CGI管理」→「CGIインストール」から設置して下さい。

ただし、設置したCGIは通常のWebコンテンツと同様にインターネット上に公開されますので、サイト管理者以外のお客様もご利用頂くことが出来ます。

ディレクトリ構造について

XOOPSをインストールした後のディレクトリ構造は、以下のようになります。
必要な場合は、以下のディレクトリ構造をご参考にお客様の責任において編集を行ってください。
SSL用のCGIディレクトリに設置した場合には、設置先が異なりますのでご注意ください。

通常のインストールを行った場合
/ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/
SSL用のインストールを行った場合
/ssl/ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/

上記設置先ディレクトリ配下に設置される、主なディレクトリやファイルは下記の通りです。
■install
・・・インストール用スクリプトが格納されます。
このフォルダを残しておくと、データベースの接続情報が見られたり、サイトを使用不可能に されてしまう可能性があります。初期設定が完了しましたら、必ずこちらのディレクトリとファイルをFTPにて削除して下さい。
■mainfile.php
・・・インストール時に入力した設定情報が記録されます。
初期設定が完了しましたら、必ずこちらのファイルのパーミッションをFTPにて「400」に変更して下さい。

■class
■include
■kernel
・・・上記3つのディレクトリにはプログラムが格納されます。

■modules
・・・モジュール格納用ディレクトリです。サードパーティ製モジュールを使用したい場合は、各モジュールをこちらのディレクトリ配下に設置してご利用下さい。
■themes
・・・テーマセット格納用のディレクトリです。
■.install.log
・・・インストール用ログファイルです。こちらを編集、削除した場合の動作は保障いたしかねます。

インストールについて

プログラムのインストール後は、XOOPSの設定を行って下さい。
設定画面のURLは

・通常のディレクトリの場合
http://(ドメイン名、または、IPアドレス)/ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/
・SSL用のディレクトリの場合
https://(ドメイン名、または、IPアドレス)/ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/

となります。

データベースの設定例:

データベースサーバのホスト名 abc.my0.suite.jp
データベースユーザ名 abc.my0.suite.jp
データベースパスワード abcabc
データベース名 sql_db

※Suite2データベースMySQLのご契約時に初期データベース「sql_db」が作成されておりますが、別名のデータベースをご利用されたい 場合は、MySQLマネージャにて予め該当のデータベースを作成しておいて下さい。また、MySQLマネージャよりお客様が作成したデータベース ユーザをご利用の場合は、該当のデータベースユーザが該当のデータベースに対して「更新・閲覧権限」が与えられている事をご確認下さい。

XOOPSの初期設定が完了しましたら、必ずFTPにて下記のディレクトリとその中にあるファイルを削除して下さい。

  • 通常のディレクトリの場合
    /ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/install
  • SSL用のディレクトリの場合
    /ssl/ssi-def/S-001/(ディレクトリ名)/install
また、下記のファイルのパーミッションを「400」に設定して下さい。
  • mainfile.php