ファイル転送~設定・使用方法

FTPの接続設定

WebARENA Suite2のサーバにFTPソフトを使用して接続する際の設定方法です。 FTPでサーバに接続する時はFTPソフトに以下の情報を設定します。FTPソフトによって入力する内容は若干異なりますが、 ほとんどのFTPソフトでは以下の情報を設定すれば接続する事が出来ます。

FTPサーバ名 ドメイン名※1または IPアドレス>※2
FTPアカウント サイト管理者用アカウント(admin)※3または Web特権ユーザ用 アカウント>※4または Webユーザ用アカウント>※5
FTPパスワード サイト管理者用(admin)パスワード>※3 または Web特権ユーザ用 パスワード>※4 または Webユーザ用パスワード>※5

SSL/TLSの暗号化通信(Explicit方式)を使用する場合はお使いのFTPソフトで暗号化通信の設定を行ってください。弊社ではNextFTP4の「SSL暗号化」の項目でExplicit(SSL・TLS・TLS-C・TLS-P)を選択した状態で暗号化通信が行えることを確認しております。

※1 オリジナルドメイン名の設定をご利用の場合は、ドメイン名(例:nttpc.co.jp)を入力
WebARNEAサブドメイン名をご利用の場合は、WebARENAサブ ドメイン名(例:subdomain.on.arena.ne.jp)を入力
※2 IPアドレスは123.456.789.123 の ような形式の数字になります。
※3 FTPアカウントにサイト管理者用アカウント(admin)を入れた場合、パスワードにはサイト管理者用パスワードを入れてください。
※4 FTPアカウントにWeb特権ユーザ用アカウントを入れた場合、パスワードにはそのWeb特権ユーザ用アカウントのパスワードを入れてください。尚、Web特権ユーザ用アカウント名は 「webadmin1」「webadmin2」「webadmin3」の3つです。
※5 FTPアカウントにWebユーザ用アカウントを入れた場合、パスワードにはWebユーザ用パスワードを入れてください。

各ソフトの設定方法

各FTPソフトの具体的な設定方法をソフト別にご案内します。
ご利用のFTPソフトがこちらに記載されていない場合は、ご利用のFTPソフトのヘルプ、または製造元様へお問い合わせください。設定内容は上記のFTPの接続設定をご参照ください。

Windows

同期機能のご利用について

FTPソフトの中には、お客様のコンピュータ(ローカル)のファイルとサーバ上にあるファイルを比較し、 自動的に両者のファイルを同期させる機能を持っているソフトがあります。特にホームページ作成ソフトにはこの様な機能が 付いているソフトが多い様です。

同期させる設定にして使用する場合、同期の条件を設定出来る場合は、以下の条件を設定してご利用頂く事をお薦め致します。

  • ローカルに存在せず、サーバ上にのみ存在するファイルをサーバ上から削除しない

設定方法