Submissionポート

一部のインターネットプロバイダ *1 では、スパムメールの対策として、 Outbound Port25 Blocking *2 というメール送信の規制を行います。 ご利用のプロバイダがこのOutbound Port25 Blockingを実施した場合は、Suiteのサーバを利用してメールの送信ができなくなる場合があります。
Suite2では、このOutbound Port25 Blocking への対応として、メール送信(SMTP)時に Submission ポートもお使いいただけるよう機能追加を行います。

こんな使い方ができます

  • ご利用のインターネットプロバイダがOutbound Port25 Blockingに対応している場合も、Submissionポートを使用することによって、Suite2のサーバを経由してメールを送信できます。

設定方法

ご利用のメールソフトにて設定してください。設定方法は、 Suite2のオンラインマニュアル をご確認ください。
※Suite2のWebメールを使用されている場合は設定の変更は必要ありません。

ご利用料金

月額料金に含む

機能スペック

  • 通常のメール送信(SMTP)のポート25番ではなく、587番のポートを使用してメールの送信を行います。
  • メール送信時には、SMTP Authによる認証が必須となります。
  1. 主なインターネットプロバイダの対応状況について
    インターネットプロバイダにより対象のサービスや範囲が異なりますので、詳細は各プロバイダにご確認ください。
  2. Outbound Port25 Blocking
    スパムメールの対策として、メールの不正中継を防止するために、メール送信に制限を実施する方式。
    具体的には、インターネットサービスプロバイダのA社がこの方式に対応した場合、A社を利用してインターネットに接続しているお客さまは、 A社のメールサーバ以外からはメールが送信できなくなります。そのため、Suite2を利用してメールを送信する際には、現在のメールソフトの設定を変更する必要があります。