サーバの管理_再インストール

OSの再インストール

仮想専用サーバのOSを初期状態に戻したい場合はコントロールパネルからOSの再インストールを行うことが出来ます。 再インストールを実行するとハードディスク内にあるデータはすべて削除され、RPMパッケージやファイルが初期状態に戻ります。

OSの再インストールを実行するにはコントロールパネルにログインして 「再インストール」メニューから「OSの再インストール」を選択して下さい。

再インストールを実行するとインストールされているソフトウェアも初期状態に戻ります。 再インストール完了後、サーバを起動する前にコントロールパネルの 「RPMパッケージ」メニューにある「RPMパッケージのアップデート」を使用して RPMパッケージのアップデートを行って頂くことをお勧め致します。

再インストール後の管理者アカウント・Webmin用アカウント(ともにアカウント名はroot)のパスワードは コントロールパネル用のパスワードと同じ内容に設定されます。

sshdの再インストール

何らかの原因でSSHでログインすることが出来なくなってしまった場合は コントロールパネルからsshd関連の設定ファイルの初期化・RPMパッケージの強制アップデート(上書き再インストール)を行うことが出来ます。

設定ファイル初期化や強制アップデートを行いたい場合はコントロールパネルにログインして 「再インストール」メニューから「sshdの再インストール/起動」を選択して下さい。 画面の説明に従って操作すると設定ファイルの初期化・強制アップデートを行うことが出来ます。