Webサーバの構築_接続方法

FTPクライアントの設定

Apacheとvsftpdの起動が完了したら、作成したWebコンテンツをサーバに転送してみましょう。 トップページのファイル名は「index.html」が使用出来ますので、 「index.html」というファイル名のHTMLファイルを作成してください。

また、通常の設定では管理者アカウント(root)でFTP接続することは出来ませんのでFTP接続用のユーザーアカウントを作成してください。 「vsftpdの設定・起動」の項目で /var/www/html ディレクトリのオーナに設定したユーザーアカウントをFTPクライアントに設定します。

HTMLファイルとユーザーアカウントが準備できたら以下の手順でサーバーに接続します。

  1. FTPクライアントのソフトウェアにユーザーアカウント(root以外のアカウント)を設定して接続します。 FTPソフトに以下の設定を行って下さい。

    サーバのアドレス:(仮想専用サーバのドメイン名またはIPアドレス)
    ユーザー名:(接続に使うユーザーアカウントの名前)
    パスワード:(接続に使うユーザーアカウントのパスワード)

    たとえば、お客様の仮想専用サーバのドメイン名が example.com に設定されていて 「nttpc」というアカウント名のユーザーアカウントを使用する場合は以下のように設定します。

    サーバのアドレス:example.com
    ユーザー名:nttpc
    パスワード:(nttpcのパスワード)

  2. 接続を行い、ログインが完了したら /var/www/html ディレクトリに移動してWebコンテンツを転送してみましょう。 「index.html」という名前のHTMLファイルを /var/www/html ディレクトリにアップロードしてください。
  3. アップロードが出来たらブラウザで http://(仮想専用サーバのドメイン名またはIPアドレス)/ にアクセスしてみて下さい。 たとえば、Webサーバ用のドメイン名として www.example.com が設定されている場合は以下のアドレスにアクセスして下さい。

    http://www.example.com/

    転送したindex.htmlの内容が表示されていれば正常に転送が行えています。