V1タイプとV2タイプの主な違い

サービスタイプ V2 V1
基本ディスク容量 40GB 6GB
ディスク容量追加 5GB単位で初期容量と合算して最大50GBまで利用可能 不可
OS CentOS4 Fedora Core 3
カーネル 2.6系
(変更不可)
2.4系
(変更不可)
アーキテクチャ x86_64 x86系
弊社製RPMパッケージの提供 無し 一部有り
yumのアップデート時のアクセス先 CentOS標準のレポジトリ 弊社で用意した
SuitePRO用レポジトリ
管理ツール コントロールパネル コントロールパネル
Webmin
ループバックアドレス
(127.0.0.1)
使用可 -
ping/traceroute 実行可 -
iptables 使用可 -
ログインシェルの変更 chshコマンド
usermodコマンド
usermodコマンド
shutdown・reboot・halt 実行可 -
ホスト名設定 ・hostnameコマンドで設定
・簡易サーバ設定で設定
コントロールパネルで設定
tcpdump 使用可 -
サービスの自動起動設定 chkconfigコマンドで設定 コントロールパネルで設定
chkconfigコマンドで設定
監視 submission(587)監視可能 submission(587)無し
簡易サーバ設定 提供 (New!) 提供