メールサーバの構築_接続方法

メールクライアントの設定

PostfixとDovecotの起動が完了したら、メールソフトに設定を行いメールを送受信してみましょう。 以下の手順でメールの送受信を行って下さい。

  1. メールソフトにアカウントの情報を設定します。 メール送信の際にSMTP認証を使用しますので、に対応したメールソフトに以下の設定を行って下さい。 POP3/IMAP4はご利用になりたい方を選択して下さい。

    SMTPサーバ:(仮想専用サーバのドメイン名またはIPアドレス)
    POP3/IMAP4サーバ:(仮想専用サーバのドメイン名またはIPアドレス)
    ユーザー名:(メールを送受信するアカウントの名前)
    パスワード:(メールを送受信するアカウントのパスワード)
    メールアドレス:(ユーザー名)@(ドメイン名)

    たとえば、お客様の仮想専用サーバのドメイン名が example.com に設定されていて 「nttpc」というアカウント名のユーザーアカウントを使用する場合は以下のように設定します。

    SMTPサーバ:example.com
    POP3/IMAP4サーバ:example.com
    ユーザー名:nttpc
    パスワード:(nttpcのパスワード)
    メールアドレス:nttpc@example.com

    メールを送信するため、SMTP認証を使用する設定を行っておいて下さい。

    CRAM-MD5でSMTP認証を行うメールソフトをご利用の場合は、 CRAM-MD5認証専用のアカウントとパスワードを作成し、そのアカウントとパスワードをメールソフトに設定する必要があります。 作成手順は Postfixの設定 のページをご覧下さい。
  2. 自分のアドレス宛てに1通メールを送信してみましょう。 メールアドレスは (アカウント名)@example.com という形式になります。
  3. 送信を行って少し待ってから受信してみて下さい。 送信したメールを受信することが出来れば送信・受信が正しく行えています。