サーバの管理_アップデート

RPMパッケージのアップデート

インストールされているRPMパッケージは、コントロールパネルから簡単な操作で最新のパッケージにアップデートすることが出来ます。 ご利用開始時やOSの再インストール後はアップデートが一度も行われていない状態になっていますので、 各サーバソフトの設定をする前にアップデートを実行して頂くことをお勧めします。

アップデートを実行するにはコントロールパネルにログインしてサーバを起動後、 「初期設定」メニューから「RPMのアップデート」を選択してアップデートを実行して下さい。

アップデートはRPMパッケージを管理するソフトウェア「yum」を使って実行されます。 初期状態でyumサービスが自動起動する設定になっているため特に設定を行わなくても毎日自動的にRPMパッケージのアップデートが実行されます。
自動アップデートを停止したい場合は、SSHでサーバにログインし、root権限でchkconfigからyumをoffに設定して下さい。