テクニカルサポートポリシー

WebARENA SuitePRO V3のテクニカル・サポートポリシーについてご案内いたします。

サポートの範囲について

SuitePRO V3のサポートは、オンラインマニュアルに掲載している各サーバソフトの設定方法、SuitePRO V3の仕様に関わる点について、解決方法や問題と思われる点の切り分けをサポートの範囲とさせていただいております。
仮想専用サーバをご利用になられる上での各UNIXコマンドの使用方法、お客さまが独自にご用意されたソフトウェアの導入/設定方法、外部アプリケーションとの連携方法、オンラインマニュアル掲載以外の各サーバソフトの設定方法等に関して、また、お客さまがご利用の通信回線、端末、ソフトウェア等の不具合につきましてはサポートの対象外とさせていただいております。予めご了承ください。

ソフトウェアのアップデートについて

SuitePRO V3の初期設定では、RPMパッケージのアップデートは毎日早朝に自動で行われます。CentOSから新しいパッケージが提供されると自動的にパッケージもアップデートされます。コントロールパネルから手動でRPMパッケージのアップデートを行うこともできます。
アップデートの対象となるのは、プレインストールされているRPMパッケージと、yumでインストールされたRPMパッケージに限ります。
ご自身でコンパイルされたRPMパッケージなど、自動でアップデートしたくない場合は、対象のパッケージを自動アップデートの対象から外す設定を行ってください。お客さま自身でインストールされたソフトについては、お客さま自身でバージョンの管理、アップデートを行ってください。

サポート窓口について

技術サポートについては営業時間内に電子メールにてご対応いたします。
電子メール suitepro-tec@arena.ne.jp
Webフォーム http://web.arena.ne.jp/support/suiteprov3/contact/
営業時間 9:30~17:30(土日祝日、年末年始を除く)

工事、故障や障害時の対応について

当該サービスをご提供するためのサーバーや機器の工事、故障・障害の対応は弊社の責任において実施します。
故障や障害が発生した場合は、速やかにSuitePRO V3サポートサイトの工事・障害情報に掲載すると共に、連絡先メールアドレスにご連絡いたします。
工事の連絡については、緊急時とお客さまサービスへの影響が軽微な場合を除き、事前にホームページの工事・障害情報に掲載すると共に、連絡先メールアドレスにご連絡いたします。