仮想専用サーバーの起動・停止・リセット

起動・停止・リセットの操作はコントロールパネルの「Server」メニューから行うことが出来ます。

ご契約直後の初期状態では仮想専用サーバーは停止状態になっていますので、利用を開始する際はコントロールパネルにログインし 、OSをインストール後に仮想専用サーバーを起動してください。

ステータス確認

  1. ログイン方法のページに書かれている手順に従ってコントロールパネルにログインします。
  2. 「サーバー」メニューを選択します。
    「サーバーの起動/停止/再起動」を選択
  3. 現在のステータスと電源メニューが確認できます。
    ※ステータスの状況により選択できる電源メニューは異なります。
    起動中:停止/強制停止/リセット
    停止中:起動
    ※強制停止はサーバーが反応しない場合のみ使用してください。
  4. 実行したい処理をクリック

起動

    停止中のサーバーを起動させます。

  1. 「起動」をクリックします。
  2. OKボタンをクリック

    処理が完了すると、ステータスが起動中になります。コンソールメニューが選択可能になります。

    OKボタンをクリック

停止

    起動中のサーバーを停止します。

  1. 「停止」をクリックします。
  2. OKボタンをクリック
  3. 処理が完了すると、ステータスが起動中になります。コンソールメニューが選択可能になります。
  4. OKボタンをクリック
  5. 処理が完了するとステータスが「停止中」になります。
  6. OKボタンをクリック

    停止実行後も処理が進まない場合は、再度“停止”をお試しください。

    強制停止はサーバーが反応しない場合のみ使用してください。

リセット

    起動中のサーバーを強制停止後、起動します。
    ※リセットはサーバーが反応しない場合のみ使用してください。

  1. [リセット]をクリックします。
  2. OKボタンをクリック
  3. 確認画面が表示されますので、OKボタンをクリックします。
  4. OKボタンをクリック
  5. 処理が完了した後もステータスは「起動中」となります。コンソールにてサーバーの状況をご確認ください。
  6. OKボタンをクリック

    停止実行後も処理が進まない場合は、再度“停止”をお試しください。

    強制停止はサーバーが反応しない場合のみ使用してください。