デバイスモード切替機能

機能

仮想専用サーバーのハードウェア設定を変更することが出来ます。通常の仮想専用サーバーのご利用においては変更する必要はございません。お客様の仮想専用サーバーの設定状況に応じて、ご利用いただく機能です。

本機能を用いた場合、設定内容によってはゲストOSが起動できなくなる恐れがございますので十分にご注意ください。

制限・注意事項

  • デバイスモードの切り替えは、仮想専用サーバーが停止状態の時に変更することが出来ます。
  • デバイスモード切替機能を用いてモードを変更した仮想専用サーバーの動作について、弊社サポート対象外となります。

※弊社提供のゲストOSをご利用の場合でもサポート対象外となりますのでご注意ください。

サポート対象外のモード一覧
ディスプレイ  VGA
キーボード配列 英語
ディスク IDE
ネットワーク E1000 及び RTL8139
  • OSインストール完了後にディスクのモードを変更した場合、ゲストOSが起動できなくなる場合がございますのでご注意ください。
  • ディスクデバイスモードのIDEを選択した場合、ストレージスロット3及び4は使用できなくなります。

ディスプレイ

  1. 「サーバー」>「Server - サーバー管理」画面のステータスを見て、仮想専用サーバーが停止していることを確認し、「デバイスモード切替」ボタンをクリックする。
  2. サーバー管理
  3. 「VGA」を選択して、「設定」ボタンをクリックする。
  4. デバイスモード切替
  5. ディスプレイデバイスが「VGA」になっていることを確認する。
  6. サーバー管理

キーボード配列

  • 「コンソール」機能を使用するクライアント端末が英語キーボードの場合には、キーボード配列を「英語」に切り替えてご利用ください。
  • キーボード配列「英語」をご利用になる場合、OS側でも設定が必要となります。設定方法は以下をご参照ください。
  • Windows
  • CentOS

※切替時のコントロールパネル操作方法はディスプレイの項目をご参照ください。

ディスク

  • 標準のディスクデバイスモードは「VirtI/O」です。
  • VirtI/Oドライバが組み込まれていないゲストOSを使用する場合は、より互換性の高い「IDE」モードの利用をご検討ください。

※切替のコントロールパネル操作方法はディスプレイの項目をご参照ください。

ネットワーク

  • 標準のネットワークデバイスモードは「VirtI/O」です。
  • VirtI/Oドライバが組み込まれていないゲストOSを使用する場合は、より互換性の高い「E1000」モードや「RTL8139」モードの利用をご検討ください。

※切替のコントロールパネル操作方法はディスプレイの項目をご参照ください。