UTM管理サイトへのログイン

ここでは、仮想UTMのご利用開始手順と、仮想UTMサーバーのマネージメント、およびUTM管理サイトへのログイン方法を案内します。
仮想UTMサーバーのマネージメントは「仮想UTM管理」サイト、UTMの設定は「UTM管理(FortiGate®) 」サイトから行います。

仮想UTMの利用開始

仮想UTMをご契約いただいた方へ、ご利用開始に必要な手順です。

  1. 仮想UTMに収容サーバーとして登録したPROV4のサーバー管理用コントロールパネルにログインして「セキュリティ」メニューをクリックし、プルダウンから「UTM/NIC4」を選択します。
  2. 「基本情報」タブの「UTM情報 > 仮想UTMサーバー管理」にある、「仮想UTMサーバー」をクリックします。
  3. 「仮想UTMインストール」画面が表示されるので、以下の情報(UTM管理(FortiGate®)へのアクセスに必要な情報)を入力して、「インストール」ボタンをクリックしてください。

    アカウント名
    新しいパスワード
    新しいパスワード(確認用)
    アクセスを許可するIPアドレス
  4. 「OSのインストールは完了しました。」と表示されたら、「UTM管理(FortiGate®)」のURLをクリックして、FortiGateの管理画面へのログインをお試しください。

UTM管理サイトへのアクセス制限

UTM管理サイトへのアクセス許可IPアドレスの確認を行います。

  1. コントロールパネルにログインして「セキュリティ」メニューをクリックし、プルダウンから「UTM/NIC4」を選択します。
  2. 「UTM/NIC4」ページの「UTM管理サイトへのアクセス許可IP設定」のタブを選択します。
  3. 「UTM管理サイトへのアクセス許可IP設定」ページ下部の「アクセス許可IPアドレス」に記載されているアドレスが、UTM管理サイトへのアクセスを許可されたアドレスです。
    お客さまのネットワーク環境が設定されていることを確認してください。最大10まで登録できます。

    (例)

UTM管理サイト用アカウント確認

UTM管理サイト用のアカウントの確認を行います。

  1. 先ほどのコントロールパネルの画面から、「基本情報」タブを選択します。
  2. 「基本情報」ページの「UTM情報」に記載されている情報が、UTM管理サイト用のURLとアカウントになります。

    (例)

UTM管理サイトへアクセス

  1. 「UTM管理サイト」のURLをクリックします。
  2. UTM管理サイトのログイン画面が表示されます。先ほどのユーザー名とパスワードを入力し、ログインしてください。
    UTM設定手順を参考に、ファイアウォール等の設定を行ってください。

仮想UTMのマネージメント

仮想UTMはVPSにFortiGate仮想アプライアンスを組み合わせたUTMオプションです。
仮想UTMサーバー(VPS)の停止・起動、初期化や監視設定などを行うことができます。仮想UTMにアクセスできない、
などのトラブルが発生した際は、仮想UTMサーバーの状態を確認してください。

仮想UTMの監視

  1. コントロールパネルにログインして「セキュリティ」メニューをクリックし、プルダウンから「UTM/NIC4」を選択します。
  2. 「基本情報」タブの「UTM情報 > 仮想UTMサーバー管理」にある、「仮想UTMサーバー」をクリックします。
  3. 左上の「監視」をクリックすると、仮想UTMに対するポート監視設定画面が表示されます。
  4. 連絡先メールアドレスを入力し、「設定」をクリックしてください。
    連絡先メールアドレスを設定すると、自動的に監視が開始されます。
    ポート監視の監視状況については、ステータスをご確認ください。
    監視を停止させたい場合は、ステータス切替の「停止」をクリックしてください。