UTMオプション利用時のWindowsアドレス変更

本作業では、NIC4のIPアドレス、ゲートウェイの情報が必要となります。
確認方法はこちらをご参照ください。

Windows2008 R2アドレス変更

SuitePRO V4コントロールパネルの「ネットワーク」で各NICのIPアドレス設定を確認しながら作業を行います。※VPNオプションをご利用中の場合は、後述の手順「Windows2008R2アドレス変更(VPNあり)」 をご参照ください。

  1. 「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」を開きます。
  2. 「ローカルエリア 接続 4」の設定がある場合
    「ローカル エリア接続 4」が存在している場合は、NIC4のIPアドレスが既に設定されている状態ですので、この後の作業は必要ありません。(UTMオプションご契約後にOSのインストールをした場合は、このように自動的に「イーサネット4」にNIC4のIPアドレス設定が行われます。)「ローカルエリア接続4」が存在していない場合は次の作業に進んでください。
    Windows2008 R2アドレス変更
  3. 「ローカルエリア接続」を右クリックし、プロパティを選択します。
    Windows2008 R2アドレス変更
  4. 「ローカルエリア接続のプロパティ」の「インターネット プロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。
    Windows2008 R2アドレス変更
  5. デフォルトゲートウェイを削除します。
    デフォルトゲートウェイの設定を削除し、「OK」をクリックします。
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更
  6. NIC4【インターネット:UTM】の設定を行います。
    同様に「ローカルエリア接続 2」を確認します。
    IPアドレスが設定されていないことを確認し、コントロールパネルで確認した、NIC4【インターネット:UTM】のIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力します。
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更

優先DNSサーバーに「210.150.255.28」、代替DNSサーバーに「202.229.78.37」を入力し、「OK」をクリックします。
Windows2008 R2アドレス変更

  1. コントロールパネルに戻り、【NIC1の切断・NIC4の接続】 を行います。

以上でWindows2008R2の設定は完了です。

Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)

<VPNオプションをご契約中の場合>

VPNオプションをご利用中で、UTMオプションもご利用になる場合は下記が必要となります。

  • NIC3【VPN】からNIC4【インターネット:UTM】にゲートウェイを変更
  • NIC3【VPN】用のルーティングを追加

SuitePRO V4コントロールパネルの「ネットワーク」で各NICのIPアドレス設定を確認しながら作業を行います。

  1. 「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」を開きます。
  2. 「ローカルエリア接続 3」を右クリックし、プロパティを選択します。
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  3. 「ローカルエリア接続 3 のプロパティ」の「インターネット プロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  4. デフォルトゲートウェイを削除します。
    デフォルトゲートウェイの設定を削除し、「OK」をクリックします。
    (デフォルトゲートウェイの設定がない場合は、別の「ローカルエリア接続 」を確認してください。)
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  5. NIC4【インターネット:UTM】の設定を行います。
    同様に「ローカルエリア接続 4」を確認します。
    IPアドレスが設定されていないことを確認し、コントロールパネルで確認した、NIC4【インターネット:UTM】のIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力します
    (別のNICのIPアドレスが設定されていた場合は、別の「ローカルエリア接続 」を確認してください。)
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更
  6. NIC3【VPN】用のルーティングを追加します。
    デフォルトゲートウェイをNIC4【インターネット:UTM】に変更したため、NIC3【VPN】の通信に必要なルーティング設定を追加します。
    作業はパワーシェルで実行します。タスクバーのパワーシェルを右クリックし、「管理者として実行する」を選択してください。
    Windows2008 R2アドレス変更
  7. route addコマンドでルーティングを追加します。

    お客様のVPN構成に応じたIPアドレスを設定してください。
    (例)192.168.200.0/24のゲートウェイを192.168.0.1(NIC3のゲートウェイ)にする場合

    PS C:\Users\Administrator> netsh interface ip add route 192.168.200.0/24 "ローカル エリア接続 3"
    192.168.0.1 (例)
    				  
    OK
  8. ルーティングが追加されたことを確認します。
    PS C:\Users\Administrator>route print
    
    ~省略~
    
    固定ルート:
    
    ネットワーク アドレス          ネットマスク  ゲートウェイ アドレス  メトリック
    
    			192.168.200.0    255.255.255.0      192.168.0.1     既定 (例)
  9. コントロールパネルに戻り、【NIC1の切断・NIC4の接続】 を行います。

以上でWindows2008R2の設定は完了です。

Windows2012 R2アドレス変更

SuitePRO V4コントロールパネルの「ネットワーク」で各NICのIPアドレス設定を確認しながら作業を行います。※VPNオプションをご利用中の場合は、後述の手順「Windows2012R2アドレス変更(VPNあり)」 をご参照ください。

  1. 「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」を開きます。
  2. 「イーサネット 4」の設定がある場合
    「イーサネット 4」が存在している場合は、NIC4のIPアドレスが既に設定されている状態ですので、この後の作業は必要ありません。(UTMオプションご契約後にOSのインストールをした場合は、自動的に「イーサネット4」にNIC4のIPアドレス設定が行われます。)
    「イーサネット4」が存在していない場合は、次の作業に進んでください。
    Windows2008 R2アドレス変更
  3. NIC1【インターネット】のIPアドレスが設定されている「イーサネット」を確認します。
    「イーサネット」を右クリックし、プロパティを選択します。
    Windows2008 R2アドレス変更
  4. 「イーサネットのプロパティ」の「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。
    all_80許可
  5. デフォルトゲートウェイを削除します。
    デフォルトゲートウェイの設定を削除し、「OK」をクリックします。
    (例)
    all_80許可
  6. NIC4【インターネット:UTM】の設定を行います。
    同様に「イーサネット 2」を確認します。IPアドレスが設定されていないことを確認し、コントロールパネルで確認した、NIC4【インターネット:UTM】のIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力します。
    (例)
    all_80許可

優先DNSサーバーに「210.150.255.28」、代替DNSサーバーに「202.229.78.37」を入力し、「OK」をクリックします。
Windows2008 R2アドレス変更

  1. コントロールパネルに戻り、【NIC1の切断・NIC4の接続】 を行います。

以上でWindows2012R2の設定は完了です。

Windows2012 R2アドレス変更(VPNあり)

<VPNオプションをご契約中の場合>

VPNオプションをご利用中で、UTMオプションもご利用になる場合は下記が必要となります。

  • NIC3【VPN】からNIC4【インターネット:UTM】にゲートウェイを変更
  • NIC3【VPN】用のルーティングを追加

SuitePRO V4コントロールパネルの「ネットワーク」で各NICのIPアドレス設定を確認しながら作業を行います。

  1. 「コントロールパネル」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」を開きます。
  2. NIC3【VPN】のIPアドレスが設定されている「イーサネット3」を確認します。
    「イーサネット」を右クリックし、プロパティを選択します。
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  3. 「イーサネット3プロパティ」の「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  4. デフォルトゲートウェイを削除します。
    デフォルトゲートウェイの設定を削除し、「OK」をクリックします。
    (デフォルトゲートウェイの設定がない場合は、別の「イーサネット 」の設定を確認し、デフォルトゲートウェイを削除してください。)
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更(VPNあり)
  5. NIC4【インターネット:UTM】の設定を行います。
    同様に「イーサネット 4」を確認します。IPアドレスが設定されていないことを確認し、コントロールパネルで確認した、NIC4【インターネット:UTM】のIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力します。
    (別のNICのIPアドレスが設定されていた場合は、別の「イーサネット」を確認してください。)
    (例)
    Windows2008 R2アドレス変更
  6. NIC3【VPN】用のルーティングを追加します。
    デフォルトゲートウェイをNIC4【インターネット:UTM】に変更したため、NIC3【VPN】の通信に必要なルーティング設定を追加します。
    作業はパワーシェルで実行します。タスクバーのパワーシェルを右クリックし、「管理者として実行する」を選択してください。
    Windows2008 R2アドレス変更
  7. route addコマンドでルーティングを追加します。

    お客様のVPN構成に応じたIPアドレスを設定してください。
    (例)192.168.200.0/24のゲートウェイを192.168.0.1(NIC3のゲートウェイ)にする場合

    PS C:\Users\Administrator>netsh interface ip add route 192.168.200.0/24 "イーサネット 3"
    192.168.0.1 (例)
    				  
    OK
  8. ルーティングが追加されたことを確認します。
    PS C:\Users\Administrator>route print
    
    ~省略~
    
    固定ルート:
    
    ネットワーク アドレス          ネットマスク  ゲートウェイ アドレス  メトリック
    
    			192.168.200.0    255.255.255.0      192.168.0.1       既定(例)
  9. コントロールパネルに戻り、【NIC1の切断・NIC4の接続】 を行います。

以上でWindows2012R2の設定は完了です。