desknet's-e NEO アンインストール手順

1.概要

本マニュアルでは、desknet's-e NEOのアンインストール手順をご案内します。

2.注意事項

  • アンインストールを実行すると、desknet's-e NEOのCGIが置かれているディレクトリが削除されます。
    一度アンインストールを行いますと、desknet's-e NEOの本体・データを含め元に戻す事はできませんので、ご注意ください。
  • アンインストール後も、データベースは削除されませんので、お客さまご自身でデータベースの初期化を行ってください。

3.アンインストール手順

desknet's-e NEOを完全にアンインストールするには、次のような手順で操作を行います。

  • SuiteXサイトマネージャーから、desknet's-e NEOをアンインストール
  • desknet's-e NEOをインストールしたデータベースを初期化
  1. SuiteXのサイトマネージャーにアクセスし[WEB & FTP 管理] → [グループウェア管理] → [desknet's-e NEO管理] を参照します。
    desknet's-e NEOがインストールされているディレクトリごとに、管理メニューへのリンクと、アンインストールのボタンが表示されます。
    複数個所にdesknet's-e NEOをインストールされている場合は、すべてのディレクトリに対してアンインストールのボタンが表示されます。アンインストールするディレクトリを間違えないように十分ご注意ください。

    ・desknet's-e NEOを2ヶ所にインストールしている場合の画面表示例

    desknet's-e NEO管理
  2. [アンインストール] をクリックすると、確認画面に遷移します。
    アンインストールの対象に間違いがないことを確認し、[上記内容を了承しアンインストールを実行] をクリックしてください。
    ボタンをクリックすると、すぐにアンインストールが行われます。
    desknet's-e NEO管理
  3. アンインストールが完了したら、desknet's-e NEO用のデータベースを初期化します。

    ・標準データベースの場合

    サイトマネージャーの[WEB & FTP 管理] → [MySQL管理] を参照し、desknet's-e NEO用のデータベースをOFFにしてから、初期化を行います。

    ・高機能データベースの場合

    ご契約の高機能データベースMySQLの管理ツール「MySQL5マネージャー」にアクセスし、desknet's-e NEO用のデータベース「dneodb」を削除します。
    MySQL5マネージャーのご利用方法詳細は、こちらをご参照ください。