WordPress のバージョンアップの方法

*WordPress3.6へのアップデートが次の手順で行えることを確認しています。

*初期状態のCGIインストーラーでインストール可能なWordPressは最新バージョンではありません。最新のバージョンにアップデートしてご利用ください。

1.「.htaccess」ファイルの設置

SuiteX V2をご利用のお客さまは、このまま 3. ダッシュボードからアップグレード へお進みください。

WordPress3.6.xにアップグレードするためには、.htaccessファイルの設置が必要です。

■ .htaccessファイルの設置場所

/app-def/S-102/お客さまが設定したディレクトリ名/

■ 設置方法

  1. メモ帳などのテキストエディタ等でファイルを作成し、先頭行に次の項目を入力します。
    AddHandler application/x-httpd-php53 .php
    ファイル名は、任意の名前で問題ありません。
  2. Web特権ユーザ、もしくは、adminでFTPに接続します。
  3. WordPressを設置したディレクトリにアクセスし、手順2.で作成したファイルをアップロードします。
    ファイル名を .htaccess に変更します。
  4. 属性(パーミッション)を「640」に変更。
    設定するパーミッションの値」については、こちらをご覧ください。

2.wp-config.phpファイルの設定

SuiteX V2をご利用のお客さまは、このまま 3. ダッシュボードからアップグレード へお進みください。

アップグレードするためには、wp-config.phpファイルの修正が必要です。
wp-config.phpファイルの設置場所は

/app-def/S-102/お客さまが設定したディレクトリ名/

となりますので、必要に応じてお客さま側にてご変更ください。

※wp-config.phpファイルの修正はFTPソフトで接続し、メモ帳などのテキストエディタ等で編集を行ないます。

先頭付近に以下の項目を追記します。

define('WP_MEMORY_LIMIT', '128M');

3. ダッシュボードからアップグレード

ログイン後、ダッシュボードから上段にある「アップデートしてください」をクリック。

WordPress のバージョンアップの方法

アップグレード画面でバージョン3.****-jaの「自動アップグレードを実行」ボタンをクリック。

WordPress のバージョンアップの方法

アップグレード完了後、「WordPressのアップグレードを完了しました。」と表示される。

WordPress のバージョンアップの方法