管理ツール~MySQLマネージャー(新規販売終了)

1.概要

MySQLマネージャーは データベースMySQLオプションサービスの管理ツールです。
データベースMySQLオプションサービスをご契約のお客さまが、MySQLデータベースの作成、アカウントの作成、テーブルの作成等の 各種設定を行うことができます。
MySQLマネージャーは Internet Explorer(IE) 6 、エンコード EUC に対応しています。

2.アクセス方法

ブラウザで下記のアドレスを開いて下さい。
はじめの部分が「http」ではなく「https」となる点にご注意下さい。

https://(お客さまのデータベースサーバー名)/

たとえば、データベースサーバー名が abc.my0.suite.jp の場合入力するアドレスは

https://abc.my0.suite.jp/

となります。

ページにアクセスした際、ほとんどのブラウザでは下のようなセキュリティ警告が表示されますが、これは管理ツー ルのSSLサーバーの証明書が弊社のセルフサインによって作られているためで、通信の暗号化自体は行われます。「はい」をクリックして進めて下さい。

データベース

認証用のダイアログが表示されたら、ユーザー名の欄にMySQLデータベースサーバー名、パスワードの欄にパスワードを入力します。

データベース

認証後、以下のようなメニュー画面が表示されます。

データベース

3.DB&ユーザー管理 - ユーザー管理

MySQLデータベースサーバー内に存在するユーザーの管理を行います。 ユーザーの作成、及び既に存在しているユーザーのパスワード変更や削除を行う事ができます。 なお、ご契約時に弊社よりお知らせした初期ユーザー(管理ユーザー)の削除はできません。

データベース

4.DB&ユーザー管理 - データベース管理

MySQLデータベースサーバー内に存在するデータベースの管理を行います。 ユーザー毎に権限を制限して、データベースを作成する事ができます。 また、既に存在しているデータベースの削除、権限の変更、及びテーブル情報の表示を行う事ができます。

データベース

5.DB&ユーザー管理 - 利用データベースの変更

MySQLマネージャーの「テーブル管理」で操作したいデータベースを選択する事ができます。

データベース

6.DB&ユーザー管理 - 設定例

お客さまがご利用のデータベースサーバーの設定例がご参照頂けます。

データベース

7.DB&ユーザー管理 - 容量参照

お客さまがご利用のデータベースサーバーの使用容量がご参照頂けます。 テーブル型別の空き容量とトータルでの使用容量がグラフと数値で表現されております。

※InnoDB型はその性質上、一度データ保存用としてファイルがサーバー上に作成されてしまうと、テーブル、及びテーブル内のデータを削除しても「空き容量」には反映されません。 InnoDB型テーブル内のデータを削除した場合は、「InnoDB空き容量」に反映されます。

データベース

8.テーブル管理 - テーブル管理

現在お客さまが選択されているデータベース内のテーブルの管理を行います。
「DB&ユーザー管理 - 利用データベースの変更」機能で、データベースが選択されていないと、テーブルの操作を行う事はできませんのでご注意下さい。
テーブルの作成、既に存在しているテーブルの削除、初期化、テーブル内のデータの検索と追加、及びCSVファイルへのデータ出力を行う事ができます。
※「初期化」を行いますと、テーブル内のデータが削除されてしまいますのでご注意下さい。

データベース

9.テーブル管理 - CSVファイルからの取り込み

テーブルごとにデータの復元が行えます。
MySQLマネージャーの「テーブル管理 - テーブル管理」内の"CSVファイルに出力"機能を使用して保存されたCSVファイルから、テー ブルごとのデータの復元が行えます。データベースが選択されていないと操作を行う事ができませんのでご注意下さい。

データベース

10.テーブル管理 - SQL文の実行

現在お客さまが選択されているデータベースに対して、任意のSQL文で処理を行う事ができます。
「DB&ユーザー管理 - 利用データベースの変更」機能で、データベースが選択されていないと、テーブルの操作を行う事はできませんのでご注意下さい。
お客さま任意のSQLを直接実行できます。複数のSQL文を入力し、一度に処理する事も可能です。
※SQL文の書式例がいくつか記載してありますので、ご参考にして下さい。

データベース

11.バックアップ - バックアップ(データベース毎)

現在お客さまが選択されているデータベースに対して、データベース単位でバックアップファイルを作成します。

※zip形式で圧縮されますので、ご注意ください。

データベース

12.バックアップ - リストア

あらかじめバックアップしておいたファイルから、データベース単位でデータの復元をすることができます。

※このデータベース内の同名の既存テーブルは全て初期化されてしまいます。
※画面上部のデータベース名がリストアしたいデータベースである事を確認してください。
※MYSQLマネージャーで作成されたバックアップファイル以外には対応しておりません。
※バックアップファイルを手動で編集した場合は正常に復元できない事があります。
※サイズが100M以上のファイルはアップロードできません。

データベース

13.お問い合わせ

お問い合わせはこちらのフォームがご利用頂けます。 その他にsuitex-tec@arena.ne.jp宛ての電子メールでも承っております。

※お問い合わせの際はお問い合わせテンプレート をご利用下さい。