サービス仕様~アカウント

1.アカウントの種類

アカウントの種類は次の5種類があります。

  • サイト管理者(admin)
  • メールユーザー
  • Web特権ユーザー
  • Webユーザー
  • AnonymousFTP

2.各アカウントの権限

それぞれのアカウントが持つ権限を表にすると次のようになります。

  サイト管理者(admin) メール
ユーザー
Web特権
ユーザー
Web
ユーザー
Anonymous FTP
ホームページ ※1 × ※1 ×
CGI × × ×
PHP × × ×
FTP × ※2
WebDAV × × ×
ログファイル参照 × × ×
メール送受信 × × ×
メール転送 ※3 × × ×
メーリングリスト × × × ×
契約情報変更 × × × ×
アカウント管理 × × × ×
パスワード変更 ※4 ×

※1 サイト管理者(admin)・Web特権ユーザーはドキュメントルートへのコンテンツ設置が可能。
※2 AnonymousFTPは /anonymous ディレクトリからのダウンロードのみ可能。
※3 サイト管理者(admin)は全アカウントのメール転送設定が可能。
※4 サイト管理者(admin)は全アカウントのパスワード変更が可能。

3.サイト管理者

サイト管理者(admin)はお客さまのサーバー領域全体の管理を行うためのアカウントです。WebARENA SuiteXのすべての機能を使用することができます。

サイト管理者(admin)のアカウント名はadminです。契約時に自動的に用意されますので、お客さまが作成を行う必要はありません。追加・削除したりアカウント名を変更する事はできません

4.Web特権ユーザー

Web特権ユーザーはサイト管理者(admin)にかわってWebを管理するためのアカウントです。Webコンテンツの設置に限り、 サイト管理者(admin)と同等の権限を持ちます。 ホームページの管理を社内のご担当者さまやコンテンツ作成業者さまに委託される場合などに便利なアカウントです。

Web特権ユーザーのアカウント名はwebadmin1・webadmin2・webadmin3 の3つです。追加・削除したりアカウント名を変更する事はできません。 使用するためには管理ツールのサイトマネージャーでWeb特権ユーザーのパスワードを設定する必要があります。

サイト管理者(admin)とWeb特権ユーザーのアカウント名・パスワードは別々になりますので、契約者以外のお客さまにWebの管理を委託される場合、 このアカウントを付与することで契約情報の変更権限やアカウントの作成権限を渡さずに、 Webコンテンツの管理権限だけを委譲することができます。

5.Webユーザー

Webユーザーは複数のお客さまがそれぞれ自分のホームページを持ちたい場合に使用するアカウントです。サイト管理者(admin)・ Web特権ユーザーと比較すると主に次の点が制限されます。

  • ドキュメントルートへのコンテンツ設置は行えません。
  • CGI・PHPを使うことはできません。

Webユーザーの数に制限はありませんので、 ディスク容量が許す限り いくつでも作成する事ができます。初期状態ではWebユーザーは1つも作られていませんので、 使用する場合はサイトマネージャーから作成を行う必要があります。

6.メールユーザー

メールユーザーは複数のお客さまがそれぞれ自分のメールアドレスを持ちたい場合に使用するアカウントです。 一人で複数のメールアドレスを持ちたい場合や、任意の名前のメールアカウントを使いたい場合に使用します。

メールユーザーの数に制限はありませんので、 ディスク容量が許す限り いくつでも作成する事ができます。初期状態ではメールユーザーは1つも作られていませんので、 使用する場合は管理ツールのサイトマネージャーから作成を行う必要があります。

7.AnonymousFTP

AnonymouFTPはパスワードなしでFTP接続を行えるアカウントです。/anonymousディレクトリ内にあるファイルをダウンロードすることができます。 ファイルをアップロードしたり、ファイルやディレクトリの削除・名称変更などを 行うことはできません。

AnonymousFTPのアカウント名は anonymous です。追加・削除したりアカウント名を変更する事はできません。 使用するためには管理ツールのサイトマネージャーを使用してAnonymousFTPをONに設定する必要があります。

8.各アカウントのアカウント名とパスワード

Webユーザーとメールユーザーは別々のユーザーとして区別されているため同一のアカウント名を持つ Webユーザー・メールユーザーを作ることができます。

たとえば、「nttpc」というアカウント名のWebユーザーと「nttpc」というアカウント名のメールユーザーを作成し、 この2つのアカウントを同じ人が使うことも、違う人が使うこともできます。パスワードも別々の内容を設定することができます。

Webユーザーのアカウント名として使えない名前は以下のアカウント名です。

  • admin (サイト管理者)
  • webadmin1 webadmin2 webadmin3 (Web特権ユーザー)
  • anonymous (AnonymousFTP)
  • .(ピリオド1つ)
  • .. (ピリオド2つ)
  • # で始まるアカウント名

メールユーザーのアカウント名として使えない名前は以下のアカウント名です。 作成されているメーリングリストと同じ名前も使えません。

  • admin (サイト管理者)
  • .(ピリオド1つ)
  • .. (ピリオド2つ)
  • # で始まるアカウント名

Webユーザー・メールユーザーのアカウント名として使用できる文字数と文字の種類は次の通りです。

文字数 1~32文字
文字の種類 半角英小文字(a~z)・半角数字(0~9) . _ - = { } + #

※半角英大文字(A~Z)は使えません。

いずれのアカウントについても、パスワードは次の制限の範囲内で自由に付けることができます。

文字数 8~32文字
文字の種類 半角英字(a~z、A~Z)・半角数字(0~9) . _ - = [ ] { } + # ^ ! ?