サーバー

サーバースペックは3つのタイプからご選択可能です。

■サーバ一覧
全モデル Xeonプロセッサ搭載 HP製サーバー採用

  エントリーモデル スタンダードモデル ハイスペックモデル
CPU Xeon X3430
2.4GHz
QuadCore Xeon
E5506 2.13GHz
QuadCore Xeon
E5506 2.13GHz
(2プロセッサ)
HDD 500GB×2
(RAID1:SATA)
300GB×2
(RAID1:SAS)
最大900GB(RAID5)
300GB×2
(RAID1:SAS)
最大2.1TB(RAID5)
メモリ 4GB 6GB
最大18GB
8GB
最大36GB
RAID RAID1:SATA
(ホットスワップ)
RAID1:SAS
(ホットスワップ)
RAID1:SAS
(ホットスワップ)
複数台構成 -
スペックアップ -
特長 低価格モデル

VPSからのランクアップや、大容量を手軽に導入したいお客さまに。
1台利用、静的コンテンツや将来的に拡張を見込まない小規模システム向け。
中位モデル

複数台構成で、負荷分散、サーバー冗長化などサイトの信頼性をより高めたいお客さまに。
潤沢なメモリと高信頼のSASストレージで、パフォーマンス重視のシステム向け。
WebARENA Solo最上位モデル

コロケーションなどからのアウトソース/コスト削減をしたいお客さまに。
冗長化電源(*1)により障害に強く、高い信頼性を持つ。
QuadCore CPU×2の処理能力と高度な拡張性で大規模サイトやDBの運用も可能。

*1 サーバー電源ユニットの冗長となる為、電源回路の冗長ではありません。
※ 各モデルのサーバースペックはサーバーの供給状況により変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

スペックアップ

スタンダードモデル、ハイスペックモデルは、HDDおよびメモリの増設に対応しています。現在サーバー一覧で掲載中のスペックについては以下の増設上限まで追加することが可能です。

  増設上限
エントリーモデル スタンダードモデル ハイスペックモデル
HDD300GB増設 × 2個まで(900GB) 6個まで(2.1TB)
メモリ2GB増設 × 6個まで(18GB) 14個まで(36GB)

※サーバーをお申込み頂いた時点のサーバースペックにより、増設可能なHDD・メモリおよび増設上限が異なる場合があります。現在サーバー一覧に掲載していないサーバーのスペックアップについては、 こちらからお問い合わせください。

HDD増設

  • HDDを増設した場合はRAID5となります。
  • 運用開始後にHDDを増設される場合、OSの初期化を伴います。あらかじめご了承ください。

メモリ増設

  • 「Windows Server 2008」の場合、利用可能な最大物理メモリサイズは4GBまでとなります。タイプWで4GBを超えるメモリ利用を ご検討のお客さまは、「Windows Server 2008 R2」をお選びください。
  • 運用開始後にメモリを増設される場合、サービス断を伴います。あらかじめご了承ください。

※ エントリーモデルではスペックアップを提供しておりません。
※在庫状況・他のオーダ状況によりお時間がかかる場合がございますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

各サーバーモデルのご利用料金・スペックアップ料金については、料金ページをご参照ください。