セキュリティ

Indigoの機能のうち、セキュリティについてご案内します。

セキュリティグループ(仮想ファイアウォール)

セキュリティグループは、インスタンスへのアクセス制御をテンプレート化した機能です。
セキュリティグループを利用して、コンパネからインスタンス毎に仮想ファイアウォールの設定ができるため、個別にiptablesを設定するのに比べて作業の手間を省けます。
設定は、インスタンスに適用すると、インスタンスの再起動なしで即時に反映されます。
セキュリティグループは、最大10個まで作成できます。
1つのセキュリティグループに設定できるルール数は、最大30個です。
1つのセキュリティグループに設定できるインスタンス数は、最大5個です。

サービス内ネットワーク

SSH(公開鍵認証)

IndigoのSSH接続は、公開鍵暗号方式です。SSH接続できるのは、秘密鍵を持っているパソコンのみとなり、機密性の向上が図れます。
SSH Keyは、最大100個まで利用できます。

ログイン時のユーザー名は次の通りです。パスワードは不要です。
CentOS7.5の場合:centos
Ubunt18.04の場合:ubuntu