WebARENA Indigo for Windows Server

国内最安値※1

月額最大748(税込)/
1時間当たり1.155円~(税込)

いつでもWindows環境に接続

※1当社調べ(2022年10月13日現在)

※2料金はVPSを作成した時点から廃棄までの間に発生します。

料金は使った分だけ!※2

Windows Server2022 DataCenter Edition対応
Windows Server2022 DataCenter Edition対応
月額748
1時間当たり1.155円
  • メモリ 1GB
  • CPU 2vCPU
  • SSD 50GB
  • NW 100Mbps
    上限
月額1,496
1時間当たり2.31円
  • メモリ 2GB
  • CPU 3vCPU
  • SSD 100GB
  • NW 100Mbps
    上限
月額2,926
1時間当たり4.62円
  • メモリ 4GB
  • CPU 4vCPU
  • SSD 200GB
  • NW 500Mbps
    上限
月額5,885
1時間当たり9.24円
  • メモリ 8GB
  • CPU 6vCPU
  • SSD 400GB
  • NW 1Gbps
    上限
月額11,792
1時間当たり18.48円
  • メモリ 16GB
  • CPU 8vCPU
  • SSD 800GB
  • NW 1Gbps
    上限
月額23,584
1時間当たり36.96円
  • メモリ 32GB
  • CPU 10vCPU
  • SSD 1600GB
  • NW 1Gbps
    上限

料金は使った分だけ!

  • VPSを作ってみる
  • VPS作成の流れ
    ①「VPSを作ってみる」ボタンをクリックし、サインアップページに移動
    (メール認証+SMS/電話認証+クレジットカード登録が必要です)
    ②サインアップ完了後、「WebARENA管理画面」にサインイン
    ③サービス管理メニューより、「Indigoコントロールパネル」へアクセス
    ④インスタンス管理メニューより、「インスタンスの作成」ボタンをクリック

WebARENA Indigo for Windows Serverで
手軽にいつでもWindows環境に接続する

POINT01

テレワーク利用におすすめ

Windows Server® リモートデスクトップ(RDS)SALライセンスを組み合わせることで、テレワークに使えるWindows環境を手軽に導入可能。
ご自宅や外出先のPCにはリモートで接続した仮想デスクトップ画面を表示するだけなので、ご自宅のPCスペックに関わらず快適な環境が実現します。

Windowsライセンス 月額料金
Microsoft リモートデスク
トップ(RDS)SAL*1
550円(税込605円)/ユーザー
リモートデスクトップご利用の注意点
  • リモートデスクトップ接続を利用する場合は、 オプションサービスの「Microsoft® リモートデスクトップ(RDS)SAL」の購入と、インスタンス作成時に「Windows Server2019/2022(RDS-enabled)」を選択する必要があります。
  • サーバー管理目的以外のリモートデスクトップ接続をするユーザーは、その人数分の「リモートデスクトップ(RDS)SAL」が必要です。同時利用者数ではありません。最大50ライセンスまで購入できます。

POINT02

契約中のOffice 365ライセンスを
そのまま使える

WebARENA Indigoではマイクロソフト社のQMTH認定を取得しており、お客さまがご契約の Office 365(E3/E5)サブスクリプションライセンスを無駄にすることなくそのままご利用になれます。
なお、Microsoft 365 Personalのライセンスはご利用できません。

POINT03

全プランSSD採用

メモリ1Gから32Gまでのラインアップで全プランSSD採用。開発や検証にも時間従量課金で無駄なくご利用になれます。

※ Microsoft、Windows、Windows Server、およびOffice 365は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

WebARENA Indigoの
機能(Windows)を見る

料金は使った分だけ!

  • お客さま導入事例 WebARENA 詳しくはこちら