標準セキュリティ

セキュリティグループ(仮想ファイアウォールの設定)

セキュリティグループは、インスタンスへのアクセス制御をテンプレート化できる機能です。
セキュリティグループを利用して、コンパネからインスタンス毎に仮想ファイアウォールの設定ができるため、個別にiptablesを設定するのに比べて作業の手間を省けます。

セキュリティグループにより面倒な手間を削減

SSH(公開鍵認証)

VPSクラウドのSSH接続は、公開鍵暗号方式です。
SSH接続できるのは、秘密鍵を持っているパソコンのみとなり、機密性の向上が図れます。

パッケージのアップデート

パッケージアップデートの初期設定は、「毎日早朝且つ自動実行」です。
お客さまがコンパイルされたパッケージを自動でアップデートしたくない場合は、対象のパッケージをアップデート対象から外す設定を行ってください。

初期起動時はアップデートの実行をおすすめします。

最新RPMを毎日早朝に自動アップデート。

サーバー監視(ポート監視)

ポート監視は、指定したポート番号の開閉を24時間365日、5分に1回の間隔で監視します。
監視アラートを検知した場合は、事前に登録したメールアドレスへお知らせします。
URL監視と併用することで早期の問題発見につながり、サービスを正常に復旧させるまでの時間を短縮することができます。

インスタンスタイプ「512M-SSDタイプ」、「1G-SSDタイプ」ではご利用になれません。

ポート監視は、サーバー管理用コントロールパネルから設定が必要です。

24時間のポート監視とURL監視を標準提供

■監視対象

次の監視対象項目から、監視する項目の設定、設定項目の変更、監視の除外設定が可能です。

監視対象項目 ポート(デフォルト値)※変更可
ftp 21
ssh 22
smtp 25
DNS 53
http 80
pop3 110
imap 143
https 443
Submission 587
mysql 3306
postgreSQL 5432

サーバー監視(URL監視)

URL監視は、設定したURLページにアクセス可能かを24時間365日、5分に1回の間隔で監視します。
監視アラートを検知した場合は、事前に登録したメールアドレスへお知らせします。
ポート監視と併用することで、早期の問題発見につながり、サービスを正常に復旧させるまでの時間を短縮することができます。

インスタンスタイプ「512M-SSDタイプ」、「1G-SSDタイプ」ではご利用になれません。

URL監視は、サーバー管理用コントロールパネルから設定が必要です。

24時間のポート監視とURL監視を標準提供

■監視対象

次の監視対象項目の監視設定、変更、除外設定が可能です。

監視対象項目
httpのURL
httpsのURL

お見積もり・
お申し込みはこちら

  • オンラインお見積もり
  • 今すぐ申し込む