仮想UTM

仮想UTMオプションは、VPSにFortiGate仮想アプライアンスを組み合わせたUTMオプションです。
ファイアウォール機能に加え、Webアプリケーションなどへの攻撃を検知・防御するWAF、IPSやアンチスパム、アンチウイルスなどの統合的なセキュリティ機能を提供し、仮想専用サーバーのセキュリティを強化することができます。
また、UTMのコンフィグインポート・エクスポートやバージョンアップ、FortiGateの再起動、UTMの監視などをお客さま自身で行うセルフマネージド型サービスです。

UTM機能

設定例

お客さま仮想サーバーの用途に応じたUTMでの防御例を紹介します。

①Webサイト(ECサイトなど)のセキュリティ対策

Webサイトに対する攻撃にはWAFで防御

暗号化された通信を利用した不正アクセスの場合にも、パケットの中身を検知することができます。
※お客さまによるSSL証明書の設定が必要です。

②メールのセキュリティ対策

メールに対する攻撃は、アンチウイルス/アンチスパムで防御

仕様

提供単位 1仮想UTM(VDOM)、最大5サーバーまで収容可能
インターネット回線 共用1Gbps回線
セルフマネージド機能 FortiGateコンフィグのインポート・エクスポート、バージョンアップ、FortiGateのリブート
WAF 次のような攻撃を防御
  • SQLインジェクション
  • トロイ
  • パラメータ改ざん
ファイアウォール機能
  • アドレス、FQDN、サービスで通信を制御(許可、拒否)
  • 通信を制御する時間帯を設定可能
侵入検知/防御(IPS)
  • ネットワークベースの攻撃の検出およびブロック
  • シグネチャ・グループ(デフォルト)はNTTPCで作成
  • カスタマイズはお客さまごとで実施
  • 5シグネチャ・グループ/VDOM
SSL/TLS通信 対応
SSL VPN 対応
(制限事項)アカウント数:10/同時接続数:10
SSL証明書 インポート可能
アンチスパム スパム検知、フィルタリング
アンチウイルス ウイルス付メールを遮断
ロードバランス ロードバランス、HTTPマルチプレキシング
UTM管理サイト FortiGateのWebベースの管理画面を提供
ログ UTM管理サイトにてログの閲覧可能
提供時の設定ポリシー、シグネチャ サービス共通
※NTTPCでカスタマイズは行わない
提供後のサポート なし

注意事項

  • 本オプションは、アンマネージドサービスです。提供後の設定や運用管理はお客さま自身でお願いします。
  • 2018年10月17日現在、本オプションをご利用の場合、「セルフ監視機能」、サーバー管理コントロールパネルからの「DNS逆引き設定」、「セカンダリDNS登録依頼」はご利用になれません。
    「DNS逆引き設定」、「セカンダリDNS登録依頼」を行いたい場合は、「SuitePRO V4オプション申込書」へ記入のうえ、お申し込みください。

ご利用料金

お申し込み方法

FortiGate®は、Fortinet, Inc. の登録商標です。

ご相談・お申し込みはこちら

  • 新規導入のご相談
  • 今すぐ申し込む